福岡のニュース

福岡の映えパフェで医療現場を支える『パフェ専門店』の挑戦、お取り寄せパフェ『パンシリオアソート』販売開始

パフェ専門店「パンシリオ」(福岡市中央区黒門8-15)から、お取り寄せパフェ『パンシリオアソート』(¥4,500 送料無料)を販売開始。ステイホームを応援すべくお家で食べられるお取り寄せパフェをご用意しました。

現在のパフェの種類は以下の4種類です。(季節によって変わります)
・シャインマスカット
・とよみつひめ(いちじく)
・アールスメロン
・完熟マンゴー

お取り寄せパフェで医療従事者支援!新型コロナウイルスの感染者数が全国的に増加が止まらず、医療現場が逼迫し崩壊していると言っても過言ではない中、当店「パンシリオ」の所在する福岡県でも緊急事態宣言が再度発令されました。

このような事態に1飲食店として何か出来ることはできないかと、今回オンラインショップでのパフェの全国通販に取り組むことにいたしました。ただステイホームを応援するというだけではなく、このパフェをご購入いただくことにより、その売り上げから医療従事者の負担を軽減するための支援に募金をさせていただきます。

当店の取り組みにより、一人でも多くの方がステイホームに協力していただき、感染症を食い止めるべく最前線で戦っている医療従事者の方の助けに少しでもなればと思っています。

きっかけは医療従事者の友人の声。私個人がなんとしてもこの取り組みを始めなければならないと覚悟したきっかけがあります。医師の友人と久々にオンラインで話を交わした時のことです。その友人は普段はエネルギッシュな人なのですが、久しぶりに画面越しで見た顔は本当に何日も寝ていない、休んでいないと一瞬で察するほどやつれていました。

彼から出てきた言葉は「ワクチンを打ってほしい」「家から出る頻度をなんとしても下げて欲しい、飲食店をやっているお前には悪いけどなんとか耐えてほしい」でした。とても切実で、自分にできることをしなければ本当に日本の医療が機能しなくなると実感した瞬間でした。

飲食店に何が出来るか必死に考えました。「自分に出来ることを何かしなければならない!」その思いから急ピッチで今回のオンラインお取り寄せ販売に取り組むことにしました。コロナの感染対策や医療従事者、日本の未来のためにできることを考えるのは、誰にとってももう他人事ではありません。小さな一歩でも自分に出来ることをしていきたいと思います。

<寄付金について>
最終売り上げ(9月30日予定)の金額から、人件費などを引いて残った利益から寄付金を出しますので正確な金額を現時点でお答えすることができません。お取り寄せ商品「パンシリオアソート」をご購入いただいた皆様にはメールにて結果をお知らせいたします。

ご注文はパンシリオのホームページ「pinsirio.com」からお願いいたします。

パンシリオ
Instagram : @pinsirio
13:00~18:00(ラストオーダー17:30)
福岡県福岡市中央区黒門8-15
定休日:火曜日

Googleマップ
https://goo.gl/maps/wCF7oA4GEfMofayf8

この情報は2021年8月24日(火)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

5191
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top