福岡のニュース

思わず振り向いてしまう高級食パン専門店『振り向けばこの顔』博多に期間限定オープン

2021年8月18日(水)~8月21日(土)12:00~20:00(売り切れ次第営業終了)、博多バスターミナル1階(福岡市博多区博多駅中央街2-1)市内バスのりば 10番降車場 付近に「振り向けばこの顔」が期間限定でオープン。

1968年に創業し、電気通信工事業を営んできた大和総業株式会社(本社:鳥栖市)は、美味しい食パンを久留米市の皆様に食べてほしいという想いから、パンの製造販売を行う株式会社シンプルベスト(本社:久留米市)を設立。

日本全国で実績のあるベーカリープロデューサー 岸本拓也氏(ジャパンベーカリーマーケティング)にプロデュースを依頼し、高級食パン専門店「振り向けばこの顔」(久留米市小森野4丁目7-37)を、2020年9月20日(日)にオープンしました。

美味しくて通り過ぎることが出来ず、振り向いてしまうほどの食パンを久留米の皆さまに食べてもらいたい、そして食べた人みな美味しい顔を見せてくれる、そんな食パンという思いを込めたネーミングです。

また、スーパー内にあるのでファミリー層から老若男女問わず愛される食パン専門店を目指しております。食パンには、沖縄県産の本和香糖を使用、また米を加工した黄金色に輝くコメ飴を使用し、生地のしっとり感とくちどけの良さを実現しています。

今回、博多バスターミナルでは、笑顔の君へ(プレーン)と果実の囁き(レーズン)を販売予定。プレーン 864円(税込)
2斤〈12×12.5×25.5 cm〉
きめ細かく口どけの良い食感は、他にない味わいで、耳までやわらかくしっとりとしています。こだわりの独自製粉の小麦粉と、希少な国内飼育のジャージー牛乳に加え、宮古島のミネラル成分を多く含んだ雪塩を加えることによって、上品な甘みと芳醇なコクが生まれます。主な原材料 : 小麦粉、乳製品、砂糖、塩、他レーズン 1,058円(税込)
2斤〈12×12.5×25.5 cm〉
広大な大地で育ったサンマスカットレーズンを使用し、口に入れた瞬間みずみずしく、さわやかな甘酸っぱさが口の中に広がります。芳醇なコクのある生地と大粒のレーズンの酸味がランスよく、デザートにぴったりの食パンです。主な原材料 : 小麦粉、サンマスカットレーズン、乳製品、砂糖、塩、他

▶ 振り向けばこの顔
▶ 博多バスターミナル

この情報は2021年8月19日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1390
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top