福岡のニュース

『マシュマロ×シルク』の異色コラボ、コロナ禍で誕生した博多の新スイーツ「繭まろ」登場

マシュマロ×シルクの異色コラボ!コロナ禍で誕生した博多の新スイーツ「繭まろ」。食べて美味しい、贈って喜ばれる。老舗のチャレンジが生んだ特別なマシュマロ。

ホワイトデー発祥の老舗菓子店「石村萬盛堂」と博多織最古の織元「西村織物」、博多を代表する老舗同士の革新的コラボ!リッチな風味と食感のマシュマロを、縁起の良い絵柄を織り込んだ祝絹(いわいぎぬ)で包んだ「繭まろ」が登場しました。

商品名:繭まろ
内容:マシュマロ8粒、祝絹1枚
一般販売価格:4,400円(税込)

マシュマロにシルクフィブロインを配合するベストバランスを導き出し、ほどよい弾力感にふわっとほどける食感を実現。杏仁香るマシュマロの中にはミルク風味のクリームが詰まっています。

マシュマロを包む博多織 祝絹には、博多にまつわる「羽形乃鶴」と「博多三階松」という縁起の良い絵柄を採用。四辺に計上保持プラスティックを入れており、マシュマロを食べ終わった後には自由なフォルムへ形を変えてお使いいただけます。

●老舗だからこそ、新しいチャレンジを

「繭まろ」が生まれた経緯は、まさに繭が紡いだ奇跡のようなご縁。コロナ禍で工場を一時的に止めるなど悔しい思いをする中、なにか新しい取り組みはできないかと考えていく中で「食べられるシルクフィブロイン」の存在を知った西村織物。

そして辿り着いたのは「見た目も繭のようなマシュマロに混ぜてみたら…!」というアイデア。この話を受けた石村萬盛堂は共同開発を快諾し、両社で打合せを重ねました。歴史や伝統を大切にしながら新しいチャレンジを続ける精神が、今回のコラボレーションを実現させたのです。

まるで生マシュマロ。シルク由来のもっちり弾力とリッチな風味がたまらない「繭まろ」のMakuakeプロジェクトは、2021年8月16日まで実施中(250%超達成)。リターンのお届けは2021年9月末を予定しております。

URL:https://www.makuake.com/project/mayumaro/

この情報は2021年7月22日(木・祝)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top