福岡のニュース

“あずきバー”の井村屋から初の「あんぱん」が登場

"あずきバー"の井村屋から初の「あんぱん」が登場

井村屋(本社:三重県津市)では、「包む」「発酵」「蒸す」「焼く」を融合させた冷凍パン、ベイクド・デリシリーズより、新たに「井村屋謹製 餡ぱん」を、2021年7月27日より、全国のスーパー・量販店の冷凍売場にて順次販売開始すると発表しました。

2016年に発売がスタートしたベイクド・デリシリーズは、もっちりとした二段発酵生地と「蒸し+焼き」の技術による新食感の冷凍パンとして好評を得ている商品で、今回は、井村屋が明治29年の創業時より蓄積したあずきの加工技術を活かし、たっぷりの餡を二段発酵のもっちりとした生地で包んだ冷凍パンの餡ぱんとして初登場します。

餡には粒が大きく煮崩れしにくい、しっかりとした粒感が特長の北海道産大納言小豆を使用。砂糖は純度の高い白双糖を使用されています。冷凍商品の特徴を活かし低糖度に炊きあげることで、上品ですっきりとした甘さの餡に仕上げられています。

生地には北海道産の小麦粉、生クリーム、発酵バター、塩を使用し、乳のコクとバターの香りを感じられる味わいに。また、焼きたてを急速冷凍することで、解凍後もしっとりとやわらかい、出来たてのパンのおいしさが続きます。

"あずきバー"の井村屋から初の「あんぱん」が登場

家庭では、常温またはレンジで解凍した後にトースターで焼いて”リベイク”することで、焼きたてのパンのパリッとした食感を楽しむことができます。

なお、商品は発売日以降、井村屋の公式オンラインストアからも購入可能です。94g×2個入で、価格はオープン。

井村屋|公式オンラインストア

この情報は2021年7月15日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

3930
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top