福岡のニュース

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

三井不動産、九州電力、西日本鉄道では、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設について、「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称を決定したと発表しました。

三井不動産が国内外で展開するリージョナル型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと」は、今回が九州初進出となり、開業は2022年春が予定されています。

また、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」と、日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」もららぽーと福岡とともに九州初進出。ショッピングやエンターテインメント等で幅広い世代が楽しめ、なおかつ、質の高い教育の提供にも貢献するような施設として登場します。

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

ららぽーと福岡

同施設は、三井不動産、九州電力、西日本鉄道が共同で設立した博多那珂6開発特定目的会社が福岡市青果市場跡地を取得し事業を推進しています。

幹線道路の筑紫通りに接するとともに、施設内にはバスターミナルが新設予定です。JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩9分の立地で、公共交通機関の交通利便性に優れています。また、国内外からの広域交通拠点である福岡空港、博多駅と近接するだけでなく、各方面からの新設バス路線も計画中とのことで、さらなるアクセスの充実が期待できます。

多様な人々が集い出会う多彩な“パーク”(広場)をはじめとして、コミュニティの拠点となる活気あふれる空間を施設全体に創出し、福岡市における新たな拠点として多彩に展開。具体的なパークの計画や導入コンテンツ等については、今後順次発表されます。

三井ショッピングパーク ららぽーと

ファッションをはじめ食やエンターテインメント施設などが集結する、三井不動産が展開するリージョナル型商業施設です。ショッピング以外の楽しみも充実し、地域コミュニティの核としてまちづくりの中心となる施設づくりが進められています。

1981年に開業した「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)を皮切りに、現在国内16施設を展開し、国外では2021年4月に海外初となる「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」が開業したほか、クアラルンプール、台湾でも開発を推進中です。

キッザニア福岡

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」が九州初進出

3歳から15歳までのこども達を対象にした職業・社会体験施設です。現実社会の約2/3サイズの街並みに、実在する企業が出展するパビリオンが建ち並び、約100種類の仕事やサービスを体験できます。

キッザニアのコンセプトは、「エデュケーション(学び)」と「エンターテインメント(楽しさ)」を合わせた『エデュテインメント』。こども達が好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。

「キッザニア東京」(2006年開業)、「キッザニア甲子園」(2009年開業)に続き、九州初進出となり、開業は2022年夏が予定されています。

福岡おもちゃ美術館

福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称決定

日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」が九州初進出

アナログのおもちゃが約8,000点展示される体験型ミュージアムで、グッド・トイ受賞作や木育おもちゃ、大人が楽しめるボードゲーム、福岡の伝統玩具などで実際に遊ぶことができます。

福岡県産の木がふんだんに使われた館内には、全国のおもちゃ作家の作品が並ぶミュージアムショップや日本を代表する家具産地である大川エリアの職人とコラボレーションしたギャラリーも併設。

遊びの案内人として館内で活躍するボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」を養成し、開館までに約200名が誕生予定。多世代が交流する日本最大級のおもちゃ美術館として九州初進出となります。

三井不動産株式会社
九州電力株式会社
西日本鉄道株式会社

この情報は2021年7月13日(火)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

19162
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top