福岡のニュース

ブックマンション 『糸島の顔がみえる本屋さん』9月4日にオープン

福岡県糸島市にブックマンション「糸島の顔がみえる本屋さん(通称:糸かお)」(糸島市前原中央3丁目2‐14)が、2021年9月4日(土)にオープンします。

本棚オーナー権は全80枠のうち61枠(学生枠4、糸島枠29、一般枠12、遠方枠16)が埋まり、オープンに向け準備を進めています。

ブックマンションとは小さな本屋の集合体で、みんなで本を持ち寄り、みんなで運営するというもの。店舗内に設置した本棚を借りた人が、そこで本を販売することができます。

今回、オープンする「糸島の顔がみえる本屋さん」では、参加する一人ひとりが、本をはじめ、それぞれが好きなものを自由に並べること
等で、自分がやりたいことを追い求め、自己実現できるそんな個性が集まる本屋さんを目指します。

『糸島の顔がみえる本屋さん』プロジェクトメンバー

大堂良太(おうどう りょうた)
寮というコミュニティに無限の可能性を感じ、2017年に九州大学の学生寮を立ち上げるために糸島に移住。以来、「関わる人々がイキイキできるコミュニティを創る」 ことを軸に複数の事業を糸島にて展開しています。https://yoka-gotsu.co.jp

中村真紀(なかむら まき)
2020年6月に足掛け4年の間、通い続けた糸島と東京との二拠点生活を始め、同年12月に糸島に完全移住。ありのままの自分で生きること、ありのままに生きていきたい人を応援する会社を始めました。https://mamma.company/

クラウドファンディングサイト(https://camp-fire.jp/projects/view/450694

この情報は2021年8月9日(月・休)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top