福岡のニュース

JR九州「指定席券売機の非接触操作に向けた実証実験」開始へ

JR九州「指定席券売機の非接触操作に向けた実証実験」開始へ

JR九州では、コロナ禍でも安全・安心に駅・列車を利用できるようにするための取り組みとして、今回、非対面できっぷの購入・受取りができる指定席券売機を、画面をタッチせず非接触で操作ができるよう改造し、実際に利用してもらう実証実験を行うと発表しました。

実証実験は「鉄道情報システム社」の協力のもと実施されます。

実証実験端末の設置駅・場所は、博多駅 みどりの窓口(在来線中央改札口横)設置の指定席券売機(対象機:1台)で、2021年7月6日(火)11:00頃から約2ヶ月間の予定で実施されます。

JR九州「指定席券売機の非接触操作に向けた実証実験」開始へ

タッチレス指定席券売機の特徴として、検出位置を数cm 浮かせたタッチレスセンサを新たに追加することで、画面に触れることなく操作可能なタッチレスパネルを実現したものとなります。

九州旅客鉄道株式会社

この情報は2021年7月5日(月)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top