福岡のニュース

九州豪雨で被害を受けた大分県九重町「龍門の滝」の売店を再開させたいプロジェクト

福岡県からも多くの観光客が集う、大分県玖珠郡九重町の龍門の滝は、毎年夏になると滝すべりや水遊びのお客さまで賑わいます。

ここで、50年以上にわたり運営をしてきた売店が、令和2年7月の九州豪雨により売店が甚大な被害を受けてしまいました。

令和2年7月6日、土砂災害警報や大雨洪水警報が出される中、身の危険を感じるほどの雨が一晩中降り続き、眠れぬ夜を過ごしました。

翌日、九重町内の至る所で建物が倒壊・浸水し、道路や農地でも土砂崩れがおきていました。JR久大本線の橋梁は流されて不通になりました。九重町内の国道は現在も工事中のところが数ヵ所あります。

幸いにも、婦人会メンバーの自宅や人的被害はありませんでしたが、所有する農地が土砂崩れに遭った方がいました。その中で、龍門の滝の私たちの売店も甚大な被害を受けました。

売店の中に置いていた冷凍庫や炊飯器が雨戸ごと流され、大きな冷蔵庫はひっくり返り、残った食器なども土砂にまみれてひどい有り様でした。

ロッカーなど跡形もなく流されてしまったものも多くありました。かろうじて売店の建物の外側だけが残っている状態でした。

片付けはまず、壊れた冷蔵庫や流し台を外に出し、土砂をすべて掻き出しました。また、テーブルやベンチなど近くの竹藪に散乱していたものをみんなで運び戻しました。

そしてわずかに残った土砂まみれで使えなくなった調理器具や食器などをすべて処分しました。そのような状態でしたので、令和2年の夏は新型コロナの影響も相まって休業を余儀なくされました。

今年こそは売店を復活させたいと思っていますが、改修の資金が足りず、まだ思うように進んでいません。

このままでは今年の営業も危ぶまれるため、クラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。みなさまの心温まるご支援をどうぞ宜しくお願いします。

龍門の滝ってどんなところ?

大分県玖珠郡九重町松木にある龍門寺の境内にある滝です。落差26mの二段落としの滝で、新緑や紅葉の名所でもありますが、夏には天然のウォータースライダーが楽しめる滝すべりスポットとして有名なところです。また、滝の近くのトンネルにはネコバスの苔アートがあり、インスタ映えの隠れた名所になっています。

滝から車で30分ほどのところには「九重“夢”大吊橋」があります。九酔渓に架かる、長さ390m高さ173mという人が渡る吊り橋としては日本一の吊り橋です。大吊橋からはくじゅう連山や紅葉、「震動の滝」を望むことができます。九重町は、登山・温泉・スキーなど、雄大な自然を一年を通して楽しめるところです。

リターンのご紹介
地元で採れる特産品の梨をご用意させて頂きました。品種は、豊水・秋月・新高などです。

詳細は、下記のリンク先でご覧ください。

【大分県九重町】龍門の滝の売店を再開させたい

この情報は2021年6月4日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top