福岡のニュース

海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点、来春誕生へ

海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点、来春誕生へ

三菱地所、積水ハウス、一般財団法人公園財団、オープン・エーの4者では、海の中道海浜公園について、公園管理者である九州地方整備局より、事業計画にあたる公募設置等計画の認定を受けたと発表しました。

今後、計画に基づき、「パーク・ツーリズム」をコンセプトに、公園内に宿泊やアクティビティの機能を備えた「滞在型レクリエーション拠点」等の整備を進めてゆくことをあわせて発表。

2021年7月に着工し、2022年3月のグランドオープンが予定されています。

海の中道海浜公園は、福岡市東区に位置しており、東西に約6km、面積約350haと広大な面積を有する自然豊かな国営公園です。同事業において「パーク・ツーリズム」を実現するため、「憩う」「学ぶ」「遊ぶ」を体験できる宿泊施設やレストラン、アスレチックなどを整備し、「滞在型レクリエーション拠点」を創出。この拠点を中心に、周辺地域と連携したアクティビティ等を企画することで、訪れる人たちの交流を促し、公園全体及び周辺地域の活性化が図られます。

海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点、来春誕生へ

海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点、来春誕生へ

三菱地所では、同事業が初のPark-PFI事業となりますが、複合開発及びエリアマネジメントのノウハウを活かし、公園を拠点とした賑わいのあるまちづくりを推進し、地域活性化に寄与してゆくとしています。

また、積水ハウスは、長年の“住”を基軸とした事業展開により得られた技術力や住生活研究のノウハウを活かし、高い品質を備えた木造住宅シャーウッド構法を用いた宿泊施設「ヴィラ」の設計施工を担当。

オープン・エーは、球体テントなどの宿泊施設のほかに、レストランや浴場施設の企画・設計・運営業務を担当し、宿泊者以外にも幅広い利用者層が楽しめるような多様な施設を提案。

公園財団は、公園施設の運営管理にかかるノウハウを活かし、国営海の中道海浜公園事務所等と連携して施設全体を日常的に管理するとともに、博多湾や玄界灘を背景とする良好な立地を生かした多様なアクティビティやワークショップ、アウトドアイベントを地域と連携して取り組みます。

これらの事業を4者の強みを生かし融合させて取り組むことにより、誰もが安全・安心・快適な滞在を楽しめる「パーク・ツーリズム」を実現するとのことです。

全体コンセプト

カモ池のロケーションを活かした球体テントを整備

公園そのものが旅の目的地となる「パーク・ツーリズム」
あらゆる世代が楽しめる多種多様なコンテンツや空間体験を用意し、公園という日常の空間にいながら長期滞在することで「憩う」「学ぶ」「遊ぶ」といった非日常感も体験でき、公園そのものが旅の目的地となる「パーク・ツーリズム」を実現。

滞在型レクリエーション拠点

海風と緑に囲まれた開放的な宿泊エリア

宿泊施設やレストラン、アスレチックタワーなどの常設施設を基盤に、海浜部を活用したカヌーやサップ、ホーストレッキングなど多様なアクティビティを組み合わせて展開。

海の中道海浜公園の自然を体感し、公園や周辺地域の魅力を再発見する機会となるよう、常に変化するニーズとトレンドに対応した新たなアクティビティの追加や更新を実施し、公園内の既存の魅力を維持・継承し、さらに強化・発展してゆくべく、保全してきた自然環境に過大な負荷をかけずに、特色ある自然や既存施設を最大限に生かしたデザインを提案。

主な見どころ

博多湾を一望できる宿泊施設「ヴィラ」

宿泊施設
公園を最大限に楽しむための拠点となる、球体テントを整備。客室となる最大直径約6mの球体テントは、夜に発光し、幻想的な風景を作ります。他にも、ヴィラ棟、アウトドアリビング、シーサイドキャビンと様々なタイプの宿泊施設を整備し、開放感のあるプライベート空間を展開。

海の中道海浜公園に「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点、来春誕生へ

浴場施設
園内により長く快適に滞在できるよう、休憩や交流拠点としても利用可能な浴場施設を整備・運営。博多湾をのぞむ眺望を活かした浴場は、宿泊者以外も利用可能です。

自然との一体感を味わえるアウトドアリビング

レストラン・屋外BBQスペース
既存のサイクルセンターをリノベーションし、レストランとして営業するほか、屋外BBQスペースも整備。福岡をはじめとした九州産の多様な食材や素材、その生産者に光を当てることで、訪れた人々が地元の食材や各地域の魅力に出逢い、体験できる場を提供。

休憩施設(特定公園施設)等
全ての公園利用者が気軽に利用できる休憩施設や屋内遊戯施設を整備し、訪れる来園者の交流を促進。交流スペースでは、ファイヤーピットを整備し屋外空間の魅力を高めるほか、子どもに特化した創造性を刺激する屋内遊戯施設では、雨天でも公園を楽しめる空間が登場します。

非日常を体感する多様なアクティビティの提供
博多湾やカモ池の穏やかな水面、玄界灘の荒々しい海を臨む海浜部、広大な広場とその奥に広がる松林など、公園内各所の特徴や魅力を生かしたアクティビティを提供。多様なニーズや時代とともに変化するトレンドに合わせ、常に追加や更新を行うとともに、公園を核に周辺地域へ広がるアクティビティも提供することで、同事業が公園を含む海の中道エリアの魅力を発掘し、遊びつくす「パーク・ツーリズム」拠点となるよう展開されます。

アクティビティ例

アスレチックタワー  イメージ
アスレチックタワー イメージ

① アスレチックタワー
博多湾を一望できる立地を生かして、子どもから大人まで楽しめる大型アスレチックタワーを新設。ドイツ製の同施設は、3層で高さ約17mと九州で最大級の規模を誇り、かつ自然に調和したデザインです。

ホーストレッキング イメージ
ホーストレッキング イメージ

② ホーストレッキング
玄界灘海浜部にみられる白砂青松と青い海、志賀島方面につづく細長い地形が特徴的な“海の中道”を堪能するホーストレッキングを提供。
③ SUP、カヤック
玄界灘と比べると穏やかな博多湾の海上を利用し、SUPやカヤックなどの各種スポーツプログラムを提供。
④ アウトドアフィットネス
博多湾をのぞむ広大なパノラマ空間を利用して、ヨガ、ノルディックウォークなどの屋外プログラムを提供。
⑤ その他のプログラム
公園と志賀島をつなぐサイクリングや収穫体験、フィッシングなど、地域と連携したプログラムの提供、拡充。

事業スケジュール

2020年1月:事業者選定
2021年7月:工事開始
2022年3月:運営開始
2041年1月:運営終了
2041年5月:更地返還

三菱地所株式会社|代表企業

この情報は2021年5月18日(火)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

6041
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top