福岡のニュース

西暦322年創建の雉琴神社(糸島市)が本殿再建のためクラウドファンディングを開始

西暦322年創建の雉琴神社(糸島市)が本殿再建のためクラウドファンディングを開始

雉琴神社(所在地:福岡県糸島市)では、台風によって倒壊した雉琴神社本殿再建を目的として、2021年4月11日に「CAMPFIRE」にてクラウドファンディングを開始したと発表しました。

雉琴神社は、2022年に創建1700年を迎えます。

2020年9月7日早朝九州西方を通過した台風10号の強風により樹齢300年を超えるご神木の欅(ケヤキ)が根本から倒れ、神社本殿を直撃しました。このため、本殿が倒壊する大きな被害を受け、その様子は、テレビや新聞等で全国に被害の状況が報道されました。

西暦322年創建の雉琴神社(糸島市)が本殿再建のためクラウドファンディングを開始

同神社は糸島市の中心市街地から南へ約7キロメートルの中山間地であり、過疎化、高齢化が進んでいる地域です。地元の小学校に通う児童も校区で2001年には200人だったのが、現在は100人余りとなり、氏子(うじこ)の数も80戸と一段と少子高齢化が進んでいます。

氏子を始めとして地元企業団体や全国からの支援により、現在2800万円ほどの浄財が集まっているとのことですが、本殿再建の見積額は3600万円以上と高額であり、地元の氏子だけでは必要額を確保することが困難な状況です。

今後、何としても本殿を再建し、2022年には創建1700年の記念祭を合わせて行いたいという思いから、今回のプロジェクトがスタートしました。

クラウドファンディングの詳細、リターンの内容などについては、以下のCAMPFIRE プロジェクトページから確認できます。

西暦322年創建、糸島市の雉琴神社本殿を再建したい|CAMPFIRE

この情報は2021年5月7日(金)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top