福岡のニュース

ドラマチックな天文ショー、月末は「スーパームーン皆既月食」

ドラマチックな天文ショー、月末は「スーパームーン皆既月食」
画像はイメージです

2021年5月26日(水)は、2021年で最も月が地球に近づく日で、月が今年最も大きく見えるスーパームーンと、太陽に照らされた地球の影に月が入る皆既月食が同時に起こる貴重な1日です。

国立天文台によれば、月食は、月が地球の影に入ることによって起こり、完全に影に入り込む月食のことを「皆既月食」と呼び、皆既月食の際は、月は真っ暗にならず、地球の大気を太陽光が通過する際に波長の長い赤い光が屈折し、赤銅色と表現されるようなほのかな赤黒い色で観察されることが多いとのことです。

今回、西日本のエリアでは、欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となります。

スーパームーンは、満月もしくは新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることで、地球から見た月の円盤が最大に見えることをいいます。ただし正式な天文学の用語ではなく、占星術に由来するものだといわれています。

福岡県内の”月の出”は19時11分頃で、部分食の始まり時点で、月は地平線の下にあります。皆既食(方角は南東)は、20時09分頃~20時28分頃(食の最大は20時19分頃)、部分食の終わりが21時53分頃となっています。

一方、月は20時14分頃に地球に対して最も近い満月となりますので、このタイミングで皆既食とスーパームーンを同時に観測することができます。

福岡以外の地域については、国立天文台暦計算室の「月食各地予報」ページにて確認することができます。

なお、国立天文台が「2021年5月 皆既月食」について、わかりやすい動画を公開しています。こちらもあわせてどうぞ。

国立天文台(NAOJ)ホームページ

この情報は2021年5月3日(月)時点での内容です。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top