福岡のニュース

博多伝統の夏祭り「博多祇園山笠」今年も開催見送り

博多伝統の夏祭り、「博多祇園山笠」は、新型コロナウイルスの感染の再拡大を受けて、去年に続きことしも開催が見送られ、来年に延期されることになりました。

毎年7月1日から15日にかけて行われる「博多祇園山笠」は、勇壮な舁き山笠と豪華絢爛な飾り山笠で知られる博多伝統の夏祭りで、期間中、およそ300万人の人出がありました。

しかし、去年は、新型コロナの感染拡大の影響でことしに延期され、飾り山笠が櫛田神社1か所だけで公開されたほか、疫病退散を祈願する7月15日の神事も関係者だけで行われました。これは、太平洋戦争中の中断をへて、今の形で再開した昭和23年以降、例のない事態でした。

祭りを主催する博多祇園山笠振興会は20日午後、各流の代表者などが集まった総会を開き、去年に続いてことしも来年に延期することを全会一致で決めました。恵比須流が一番山笠となる舁き入れ順も、去年からそのまま来年に持ち越すということです。

また、飾り山笠については、14ある山笠のうち、12の山笠を作り替え、疫病退散を祈願する7月15日の神事は例年通り行うということです。

振興会の武田忠也会長は記者会見で、「大変残念です。1月の時点では開催の方針だったが、日を追うごとに情勢や意見が変わった。1年でもっとよい山笠にしたいという思いからこの1年は我慢の1年だ」と話しました。

▶ NHKNEWSWEB

この情報は2021年4月21日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1156
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top