福岡のニュース

21種類のコッペパンが登場、手づくりパンのお店セリオ大牟田店がリニューアルオープン

21種類のコッペパンが登場、手づくりパンのお店セリオ大牟田店がリニューアルオープン

かがし屋が運営する「手づくりパンのお店セリオ大牟田店」では、2021年4月17日(土)に、3周年となるタイミングにあわせて、21種類のコッペパンメニューを新商品として追加し、リニューアルオープンしました。

店舗の場所は、大牟田市白銀352-1(地図はこちら)です。

セリオ大牟田店は、福岡県筑後市・大川市にて「パン工房Serio」を、福岡県久留米市にて「428 Bakery」「食ぱん四二八」「Oyatsuimo Yotsuya」を展開している、かがし屋社が運営するベーカリーショップです。

生地作りから焼き上げまで店内で行うことを基本とし、美味しいパンを提供するために、日々の気温や湿度に併せてパン生地作りや焼き上げを行っているほか、新商品の開発にも力を入れており、様々な味を楽しむことができます。

今回の商品リニューアルの目玉は、見た目にも色鮮やかでボリューミーなコッペパンです。

21種類のコッペパンを並べ、”選ぶ楽しさ・感動とわくわく感をご提供したい”をコンセプトに、ホットドックやユーリンチー、ローストビーフ、イチゴクリームなどを挟んだコッペパンを販売。価格帯も100円台から300円台まで幅広く展開。また、店内にはイートインスペースが用意されています。

パン工房セリオ|株式会社かがし屋
Instagram|serioomuta

この情報は2021年4月17日(土)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

1129
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top