福岡のニュース

福岡市科学館で「星語り― 美ら星―」開催へ

福岡市科学館で「星語り― 美ら星―」開催へ
© fukuoka city science museum

福岡市科学館では、2021年4月17日(土)と18日(日)の2日間、同館6階ドームシアター(プラネタリウム)にて「星語り― 美ら星(ちゅらぼし)―」が開催されます。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各機関からの最新情報をもとに、感染予防・拡散防止に努めたうえでの開催となります。詳細はこちらのページから確認できます。

春の星語りの舞台は、日本最南端の地「波照間島」。
南十字座、ケンタウルス座のα星・β星…。沖縄では、本土からは見ることができない星々も見ることができます。
また今回は、沖縄の空に広がる満天の星をはじめ、さらに南へと足を伸ばし、南半球の星空の魅力もめぐります。
美ら星広がる沖縄の空と、ゆったりと流れる時間に心癒されてみてはいかがでしょうか。

定員220名、開催時間は各日17:00~ 17:50(約50分間)※開催時刻の15分前に開場、イベント開始後の途中入場はできません。

観覧料:全席自由席 中学生以上 510円、小学生 310円 ※金額は税込みです。

観覧券は、福岡市科学館3階総合案内/チケットカウンターと、Peatix:WEB電子チケットにて販売されています。WEB電子チケットの購入方法については、こちらのページから確認できます。

星語り ― 美ら星 ―|福岡市科学館

この情報は2021年4月11日(日)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

1045
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top