福岡のニュース

福岡空港 国内線・国際線連絡バスに「連節バス」導入へ

福岡空港 国内線・国際線連絡バスに「連節バス」導入へ

福岡国際空港社では、2021年4月20日(火)より、国内線と国際線の旅客ターミナルビルを結ぶ連絡バスに連節バスを導入すると発表しました。同連節バスは、FIACから委託を受け、西鉄が運行します。

福岡空港の2019年の国際線利用者は約640万人に達し、国際線旅客ターミナルビルに向かうための連絡バスは混雑が常態化していました。ピーク時にはバスを待つ乗客を1台のバスでは輸送できず、次の便まで待たせてしまう状況が発生。

そこで、よりスムーズに、かつ快適に利用してもらえるよう、連節バスの導入が決定。現在はコロナ禍において空港の利用者数は大きく落ち込んでいますが、将来的な旅客需要の回復を見据えて、いつでも乗客を迎えることができるよう環境が整えられます。

導入する連節バスは全長18m、定員142名と、これまでのバス(全長11m、定員75名)と比べて高い輸送力を有しており、約2倍の乗客を運ぶことが可能です。また、車内はバリアフリーに対応したノンステップ仕様であることに加え、立席スペースや出入口が広くなっており、大きな荷物を持つ場合も快適に利用できます。

車体には、FIACが掲げるメッセージ「FLY 100 DREAMS.」を表すレインボーカラーのラッピングを施しており、このメッセージは、100路線就航を目指し、“福岡空港を利用する人たちの選択肢を拡げるとともに、空港で多くの出会いや新しい発見に繋げてほしい“との願いが込められています。

運行について

所要時間:片道約 10~15分
運行便数:国内線発 83便、国際線発 79便(4月20日時点)
運賃:無料

福岡国際空港株式会社
⻄日本鉄道株式会社

この情報は2021年4月8日(木)時点での内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top