福岡のニュース

「かしいかえんシルバニアガーデン」12月30日で営業終了へ

西鉄では、2021年12月30日(木)をもって「かしいかえん シルバニアガーデン」の営業を終了し、閉園することを決定したと発表しました。

「かしいかえん」は、チューリップやバラをはじめとする季節の花が咲く「西鉄香椎花園」として 1956年(昭和31年)に開園。

開園以来、ティーカップや観覧車、ジェットコースターなどのアトラクションの導入や「西日本こども博」などの様ざまなイベントが開催され、長年多くのファンに愛されてきました。

1986年には年間約57万人に利用されましたが、近年は、レジャー需要の多様化や少子化により、利用者は減少傾向が続いていました。

経営改善策として、2009年に西日本初となるシルバニアガーデンへの大型リニューアルや、2017年のパークゴルフ場・遊具の新設などが実施されましたが、抜本的な改善には至らず、施設の老朽化による今後の設備維持更新や新型コロナウイルスに伴う更なる利用者の減少等に鑑み、閉園となることが決定しました。

西鉄では、閉園までの期間、感謝の気持ちを込めたイベントを企画し、最後の日までファンに楽しんでもらえるよう、最善を尽くすと語っています。

今後のイベント等の詳細については、決定次第発表されるとのことで、弊サイトでも情報が入り次第、ご紹介したいと思います。

▶ かしいかえんシルバニアガーデン

この情報は2021年3月25日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

6562
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top