福岡のニュース

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

北九州市では、2021年3月24日(水)から、北九州市のカルチャーを発信するブランドサイト「ニュー北九州シティ」の開始に合わせ、アジアのアーティストとのコラボレーションプロジェクトを展開すると発表しました。

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

「ニュー北九州シティ」とは、北九州に根付く文化を、多彩なクリエイター達によってリブランディングし、次の北九州カルチャーを作っていく試みです。

今回、ブランドサイトの公開開始に合わせ、第一弾のプロジェクトを実施。アジアのイラストレーターとコラボレーションし、北九州発祥の飲み文化「角打ち」をお題に、作品を制作、オリジナルグッズが販売されます。

2020-2021年に「東アジア文化都市」に選定された北九州市。今、コロナ禍で世界はもちろん、アジア内での行き来のできないときだからこそ、アートで世界と繋がることはできないのか? といった考えのもと、「ONE ASIA, ONE ART」を合言葉に、北九州市に根付いた様々な文化に、新たな息吹をもたらします。

今回コラボレーションする、アジアのイラストレーターは、Shiho So(台湾)、ナム13(nam 13)(韓国)、雪下まゆ(日本)、門小雷(リトルサンダー)(香港)の4アーティスト。北九州市発祥ともいわれる「角打ち」をテーマに、各アーティストの独自性を活かしたイラスト展開となっています。

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

また、そのイラストを元にしたオリジナルグッズが、北九州のジェネラルストアkabui(カブイ)にて限定発売されます。

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

ニュー北九州シティ プロジェクト発足、第一弾は「角打ち」をフィーチャー

その他、東急田園都市線渋谷駅B1F A0・A1出口方面通路(3月22日~3月28日)、西鉄福岡(天神)駅(3月24日から3月30日)、北九州モノレール小倉駅他(3月24日から3月30日)では、今回のプロジェクトの駅貼り広告も展開します。

同広告の展開について駅係員や鉄道への問い合わせは受付けられません。また、広告を見る際に他の通行人に配慮するなど、感染予防に協力するようにしましょう。

なお、以下のブランドサイトにて、同プロジェクトの詳細や、北九州市がこれまで展開してきたアーティスト企画のアーカイブを見ることができます。

▶ ニュー北九州シティ|北九州市

この情報は2021年3月24日(水)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

4014
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top