福岡のニュース

コンビニ限定「神の河ハイボール」新発売へ

コンビニ限定「神の河ハイボール」新発売へ

薩摩酒造(本社:鹿児島県枕崎市)では、長期樽貯蔵の本格麦焼酎「神の河 (かんのこ) 」を炭酸で割ったRTD飲料『神の河ハイボール』を、2021年4月6日(火)よりメーカー出荷し、全国のコンビニエンスストア限定で新発売します。

※RTD飲料とは、Ready To Drink(レディ・トゥ・ドリンク)の頭文字をとったもので、購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料のことを言います。

長期貯蔵麦焼酎「神の河」は、今年で発売33周年を迎えます。ホワイトオーク樽で長期間貯蔵し、熟成させた芳醇な樽の香りと淡い琥珀色が特長のワンランク上の本格焼酎です。

コンビニ限定「神の河ハイボール」新発売へ

薩摩酒造は、国内の焼酎蔵元では唯一、自社内に樽職人、樽工房、樽貯蔵庫を持っており、「神の河」の発売以来、樽での貯蔵とその管理にこだわってきました。また、「神の河」は日経POSセレクション2020「本格焼酎(4合相当)」のカテゴリーで売上No.1を獲得。1998年から22年間連続でのNo.1を継続。

今回登場する「神の河ハイボール」は、好評を得ている「神の河」720ml瓶のデザインを受け継いだパッケージで登場。熟成を重ねた深みのあるまろやかな味わいの「神の河」に炭酸で爽快感を加えた一品。

コンビニ限定「神の河ハイボール」新発売へ

自宅ではもちろん、キャンプやグランピングなどのアウトドアシーンでも楽しめる商品として展開されます。

内容量:350ml、価格は198円(税込)

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

薩摩酒造株式会社
▶ 薩摩酒造|Instagram

この情報は2021年3月9日(火)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top