福岡のニュース

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

五洋食品産業社(本社:福岡県糸島市)では、2021年3月1日(月)より、新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド「frozen cake 111」を立ち上げ、公式オンラインストアでの販売を開始したと発表しました。

毎年11月1日を“品質の日”としている同社が、高度な冷凍技術によって、解凍後のケーキを食べるその瞬間に美味しさのピークを体感することができる新たなケーキブランドとして展開。

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

ブランドの“111(マーチ)”には、フローズンケーキを身近なライフスタイルに浸透させていきたいという同社の想いが込められています。“ケーキは日持ちしない”という固定概念を払拭するため、食べる瞬間を美味しさのピークとする「冷凍技術」と「職人技」2つの要素を融合。

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

「チーズケーキ」は、もともとはチーズ加工業者であった同社が、3種類のチーズをこだわりの配合でブレンドし、作ったチーズケーキの集大成です。

ベイクドでもスフレでもレアでもない、濃厚なのに口に入れた瞬間ほろっと溶ける「究極のくちどけ」を体感できるのが特長で、湯煎焼きしているので上層部は濃厚なベイクドチーズケーキ、下層部はスフレチーズケーキっぽいくちどけになります。

使用するチーズは、オーストラリア産クリームチーズ(癖のないクリームチーズをベースとして)、フランスブルターニュ産クリームチーズ(グラスフェットチーズならではの雑味がなく塩味の強さがアクセント)、北海道産マスカルポーネ(乳の濃い甘さでまろやかに)の3種類。

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

サイズは、縦5.5×横14.0×高さ4.5cm、価格は3,500円(税込)です。

糸島市の五洋食品産業が新感覚の濃厚さ・くちどけのケーキブランド立ち上げ「第一弾 チーズケーキ」を発売

「ガトーショコラ」は、ペルー産のカカオ豆を配合したチョコレートを使用。酸味が強く、フルーティな風味です。

グラスフェットの無塩バターを使用して、くちどけの良い生チョコのようなガトーショコラへ仕上げられています。チョコレート本来の風味を第一優先に、濃厚ながら口の中でほどけるような軽い食感を目指した仕立てで、チョコレート自体のおいしさを最後まで消さないシンプルな配合となっています。

指定された農園で収穫されたカカオ豆を使用したチョコレート(カカオ分65%)、指定された農園のカカオ豆を使用してチョコレートを製造するため、ワインのようにヴィンテージ(収穫年)ごとに変化するアロマを楽しめるチョコレートです。

「ガトーショコラ」は今後、販売が予定されている商品です。

frozen cake 111|オンラインストア

弊サイトでは記事内でご紹介した商品販売ページからアフェリエイト報酬を得ることは一切ありません。あくまで読者の皆様への”お役立ち情報”として掲載しています。

この情報は2021年3月1日(月)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top