福岡のニュース

地元⺠も絶賛する『博多めん街道』のおすすめ「とんこつラーメン」8選!

押しも押されもせぬ、博多名物の筆頭「豚骨ラーメン」。福岡まで来て、これを食べずには帰れない。しかし、豚骨ラーメンのお店は多すぎて、どこに行けばいいのか迷ってしまうのも事実。

それならば、新幹線の改札を出て徒歩1分、博多駅直結の「博多デイトス」へGO! 2階の「博多めん街道」には、地元の人気店がずらりと並ぶ。どのお店に入っても、あなたの期待を裏切ることはないだろう。

今回紹介するのは、そんな博多デイトスデ食べられる豚骨ラーメンの精鋭たち。グルメ王国・福岡が誇る自慢の豚骨ラーメンを、とくとご覧あれ♪


博多らーめんShin-Shin
老若男女が絶賛!屋台生まれの“あっさり豚骨”博多めん街道で、いつ見ても長い行列ができている超人気店『博多らーめんShin-Shin』。屋台出身の大将が真心を込めて作るラーメンは、芸能界にも多くのファンを持ち、今では県内に5店舗を展開している。煮玉子らーめん 790円
豚骨ラーメンというと、こってりとしたイメージをもつ人も多いが、 Shin-Shinのスープは、臭みがなくあっさり。そのため、女性でも食べやすいと評判だ。麺は、細麺が主流の福岡のなかでも特に細い。ラーメンだけでなく、「博多一口餃子」や「やきめし」も絶品。初めて豚骨ラーメンを食べるなら、とりあえずShin-Shinを選んでおけば間違いないだろう。

博多らーめんShin-Shin
営業時間 平日 11:00~24:00(L.O. 23:30)/土日祝 10:00~ 24:00(L.O. 23:30)
電話番号 092-473-5057
詳細はこちら http://r.gnavi.co.jp/fa84668/


元祖博多だるま
濃厚かつ鮮烈!50年以上続く伝統の味福岡を代表する老舗ラーメン店『元祖博多だるま』。1963年の創業以来、福岡で愛され続けてきた伝統の味。これぞ博多ラーメンといえる、濃厚かつ鮮烈な豚骨スープが堪能できる。炙りトロ肉チャーシュー麺 1,200円
一番人気は、見ただけでヨダレが出そうなビジュアルの「炙りトロ肉チャーシュー麺」。チャーシューには、豚の中でも数kgしか取れないという希少部位を使用。繊維に沿って噛み切ると、より一層ジューシーでこってりとした味わいが楽しめる。長時間炊き出したあとに、「呼び戻し」という製法で旨みを凝縮させたスープは、一度口にすると忘れられない美味しさ。

元祖博多だるま
営業時間 10:00~23:00(L.O. 22:30)
電話番号 092-475-8233
詳細はこちら http://r.gnavi.co.jp/fa84667/


長浜ナンバーワン
替え玉は必至!これぞ王道の“長浜ラーメン”博多駅から3kmほど離れた中央区長浜。そこで生まれたラーメンは、「長浜ラーメン」と呼はれる。長浜には魚市場があり、競りの合間で時間がない人たちのために、麺を「細麺」にして茹で時間を短縮したり、麺だけの追加注文ができる「替え玉」を考案したりと、福岡のラーメン文化に大きな影響を与えてきた。そんな長浜ラーメンの老舗のひとつが、博多めん街道にも店舗を構える『長浜ナンバーワン』だ。長浜伝説ラーメン 1,000円
麺は、長浜独特のコシのある極細麺。少しとろみのあるスープは、コクがあって、まろやか。メニューに迷ったら、人気の煮たまごと博多ならではの高菜をトッピングした「長浜伝説ラーメン」がおすすめ。正統派長浜ラーメンの美味をご堪能あれ。もちろん、長浜発祥の「替え玉」もお忘れなく♪

長浜ナンバーワン
営業時間 10:00~23:00(L.O. 22:45)
電話番号 092-473-5121
詳細はこちら http://r.gnavi.co.jp/fa84663/


らーめん二男坊
濃厚なのにまろやか!並んででも食べたい一杯2009年創業の『らーめん二男坊』。福岡のなかでは、比較的新しいお店だが、地元テレビ局主催の「福岡ラーメン総選挙」で、第1位に選ばれたこともある実力店。“女性にも愛される豚骨ラーメンを作りたい”という思いのもと、しっかりと濃厚なのに、臭みがなくてまろやかな豚骨ラーメンを提供している。半熟煮玉子らーめん+チャーハンセット 1,000円
一番人気は「半熟煮玉子らーめん」。長切れのいい極細ストレート麺に、長時間炊き込んだ高濃度の豚骨スープがよく絡む。香ばしくごまが香る特製チャーハンは、濃厚なスープとの相性も抜群です。

らーめん二男坊
営業時間 月-金 11:00~24:00/土 10:00~24:00/日祝 10:00~23:00
電話番号 092-414-2255
詳細はこちら https://r.gnavi.co.jp/bh6wpeer0000/


ラーメン海鳴
これが博多の進化系!手間ひまかけた“魚介とんこつ”食べた人が、思わず「美味い!」と“唸る(うなる)”ような一杯を。それが、『ラーメン海鳴(うなり)』の店名の由来だ。豚骨と魚介の旨みを凝縮させた「魚介とんこつ」や、豚骨とイタリアンを融合させた「ジェノバ」など、常識にとらわれない発想で、博多のラーメン業界に旋風を巻き起こしている。魚介とんこつラーメン 740円
丁寧に下処理を行い、じっくり炊き上げた豚骨スープに、2種の煮干しと3種の節類から旨みを抽出した、和食の出汁のようなスープを加える。こうして、時間や手間を惜しまないことで、海鳴の代名詞ともいえる「魚介とんこつ」が完成する。そのスープは、クリーミーで、香り高くまろやか。まさに、博多の麺通も“唸る”、至高の一杯。

ラーメン海鳴
営業時間 11:00~23:00(L.O. 22:30)
電話番号 092-475-8511
詳細はこちら https://r.gnavi.co.jp/63e2n5bd0000/


名島亭
毎日でも食べたい!飽きのこない美味しさ本店は福岡市東区にある、創業30年以上の名店『名島亭』。博多屋台を思わせる店内には、昭和の雰囲気が漂う。厨房では、「築炉釜(ちくろがま)」という鋳鉄製の特注釜を使用。減った分の出汁を継ぎ足しながら作る「呼び戻し製法」で、豚骨の旨みが詰まったラーメンを提供している。築炉釜出し 豚骨ラーメン 745円
シンプル・イズ・ベスト。あっさりなのに奥深く、飽きのこないその味わいは、地元だけでなく、県外から通うファンも多いという。無料の辛子高菜と紅生姜をそえて食べるのが博多流。サイドメニューの「やきめし」も、必ず注文しておきたい一品。ラーメンの名脇役も、ここでは主役級の美味しさだ。

名島亭
営業時間 10:00~23:00(L.O. 22:30)
電話番号 092-413-2020
詳細はこちら https://r.gnavi.co.jp/n688711u0000/


博多一幸舎
博多から世界へ!クリーミーな“元祖泡系”ラーメン豚骨ラーメンの本場博多でも屈指の人気店で、海外にも多くの店舗を持つ『博多一幸舎』。巨大な羽釜を使い、丁寧に下処理をした豚の頭骨・背骨・丸骨を、骨が砕けるまで炊き続け、旨みと甘みを引き出す。そうすることで、博多一幸舎ならではの、表面に“泡”のあるクリーミーなスープができあがる。味玉チャーシューメン 1,100円
お箸で麺を持ち上げると、さらに一幸舎のこだわりが見えてくる。細麺ではあるが、よく見るとやや平打ち。長切れのよさが特徴的で、小麦本来の香りも感じられる。濃厚な自慢のスープとの相性も抜群!

博多一幸舎
営業時間 10:00~24:00(L.O. 23:30)
電話番号 092-475-8510
詳細はこちら http://r.gnavi.co.jp/2c9t2r110000/


博多ラーメン 一杢
最後の一滴まで飲み干せる!スッキリとした味わい
博多デイトスの地下1階「博多のごはん処」にも、忘れてはならないラーメン店が一軒。お得なランチメニューが人気で、清潔感のある店内は、女性ひとりでも入りやすいと評判。一杢ラーメン〈白〉 750円
『博多ラーメン 一杢』では、国産豚骨の各部位を使い分けて炊き出した3種類のスープを使用。それらを絶妙に混で合わせることで、コクがありながらも臭みのない、口当たりのよさを実現。最後のひとくちまで美味しく味わえる。スタンダードな<白>もいいが、自家製の辛味噌とマー油を加えた<旨辛>も捨てがたい。

博多ラーメン 一杢
営業時間 10:00~22:00(L.O. 21:30)
電話番号 092-710-6377
詳細はこちら https://r.gnavi.co.jp/4cmdyfpx0000/

JR博多シティ

この情報は2021年1月13日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

12177
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top