福岡のニュース

ゼンリンミュージアムが企画展を初開催「地図に描かれたCocuraと北九州」

ゼンリンミュージアムが企画展を初開催「地図に描かれたCocuraと北九州」
チケットホルダー(企画展の開催期間中、有料入館者全員に配布)

ゼンリンミュージアム(北九州市:地図はこちら)では、2021年1月9日(土)から3月31日(水)までの期間、多目的展示室にて企画展、「地図に描かれた Cocura と北九州」を開催すると発表しました。

同館の新型コロナウイルス感染症対策については、こちらのページから確認できます。

2020年6月のオープン以降、初開催となる同企画展では、地元「北九州」をテーマにした、江戸時代から現代に至るまでの地図や資料30点が紹介されるほか、同企画展の会期中は、Zキュレーターによるガイドツアーが定期開催されます。

Zキュレーター

Z(ズィー)キュレーターは、ゼンリンミュージアムに常駐する地図の楽しみ方を伝えるスタッフです。文章だけでは説明しきれない、作り手の思いや時代背景などエピソードを交えて来館者を案内します。

フランシスコ・ザビエルが布教に訪れた“Cocura”(小倉)は、江戸時代のはじめ頃から西洋製の日本図に描かれるようになりました。その後、明治から大正にかけて港や鉄道などが整備され、「北九州」工業地帯が形成されます。

日本の近代産業の礎を築いた工業地帯は、高度経済成長期に「北九州市」となり、関門トンネルや関門橋など交通インフラの整備が進み、観光都市としての姿も見せ始めます。

同企画展では、西洋人が見た“Cocura”が、産業と観光の街“北九州”に変わる過程を、歴史を映し出す地図や資料とともに紹介します。

入館料は、一般 1,000円。通常の入館料で企画展を楽しむことができます。

保護者同伴の小学生は無料、8名以上の団体・障がい者とその同伴は1名800円。団体料金は事前予約が必要です。

Zキュレーターによる企画展ガイドツアーは、会期中の平日(休館日を除く)14時00分~14時30分まで。費用は無料です。

なお、今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、開催が延期、または中止となる場合があります。

ゼンリンミュージアム 公式サイト

この情報は2021年1月1日(金)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top