福岡のニュース

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始

JR九州では、2020年12月24日より、香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)にて、自動列車運転装置を用いた自動運転を開始したと発表しました。

使用車両は、819系(DENCHA)1編成(2両)です。

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始
2020年12月24日(木)から当面の間

同社では、少子高齢化や人口減少が進む中で鉄道ネットワークを長期的に維持していくために、安全性を維持・向上しながら効率化を推進しています。

また、将来にわたる労働人口減少の中で必要な人材を確保するために、作業の自動化や機械化を推進しており、その一環として、従来の自動列車停止装置に、停止(赤)信号の冒進を防ぐ機能を強化し、速度超過の防止機能を付加した装置(ATS-DK)をベースとした自動列車運転装置の開発に取り組んでいます。

今回は、その最初の事例として実施されます。

当面の間、運転士が乗務した状態の営業列車で実証運転が行われ、将来的には、運転士以外の係員が前頭に乗務する自動運転 GoA2.5(係員付きドライバーレス運転の形態)の実現を目指しており、同社では「鉄道における自動運転技術検討会(国土交通省鉄道局)」での議論を踏まえつつ、今後も取り組みを進めてゆくと語っています。

国内初となる3つの試み

① ATS区間初
これまで国内の鉄道の自動運転は、ATC(自動列車制御装置)を整備した路線でのみ実用化されてきました。しかし、JR在来線のほぼ全て(98%)、私鉄と併せても9割(91%)の区間がATS(自動列車停止装置)の整備であり、ATC化には莫大な設備投資が必要となります。運転士が乗務する形態ではありますが、ATS区間での自動運転は国内初の試みです。

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始

② 踏切がある区間初
ホームドアがない区間、地上区間での自動運転はこれまでに例はありますが、踏切がある区間での自動運転は国内で初めの試みです。※実証運転では運転士(将来的には運転士以外の係員)が前頭に乗務して、前方の異常や危険を発見すれば緊急停止操作が行われます。

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始
【専用軌道】九州新幹線の写真(踏切なし、隔壁有り)※イメージ
JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始
【地上既存路線】香椎線の写真(踏切有、隔壁無し)※イメージ

③ JR区間初
これまでもJR保有車両が乗入れ先の線区にATO(自動列車運転装置)が整備されているため、ATOを搭載した例はありますが、JR線にATOが整備されるのは初めてです。※筑肥線運行中の303系、305系は福岡市営地下鉄乗り入れのためATOを搭載。ただしJR筑肥線はATS整備区間(JR九州の在来線にATC区間はない)。

JR九州がJR香椎線(西戸崎駅~香椎駅間)で自動運転開始

今後の目標について同社は、2021年度末までに運転士が乗務した状態でATS-DKをベースとした自動列車運転装置を用いた営業運転の区間拡大(香椎~宇美間)・対象列車拡大を目指すとしています。

九州旅客鉄道株式会社

この情報は2020年12月24日(木)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

1481
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top