福岡のニュース

福岡市美術館と福岡アジア美術館で観覧券の電子化・オンライン決済の実証実験スタート

福岡市美術館と福岡アジア美術館で観覧券の電子化・オンライン決済の実証実験スタート

西鉄とJR九州では、福岡市が行っている「福岡市実証実験フルサポート事業」の一環として、2020年11月20日より、トヨタファイナンシャルサービス会が提供するマルチモーダルモビリティサービス「my route」内にて、福岡市美術館および福岡アジア美術館の観覧券の電子化・オンライン決済の実証実験を開始すると発表しました。

福岡市実証実験フルサポート事業

福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が、AIやIoT等の先端技術を活用した社会課題の解決等に繋がる実証実験プロジェクトを全国から募集し、採択企業に対して実証実験をサポートする事業です。

同実証実験は、福岡市文化施設の常設展観覧券を電子化することにより、「my route」内でチケットのオンライン購入が可能となり、二次元コードを読み込むことでスムーズかつ“非接触”で入場できます。

また、「my route」ひとつで、デジタル観覧券の購入・決済はもとより、美術館への複数の移動手段の案内まで、まとめてサポートされます。

「my route」については、トヨタ自動車が以下のコンセプト映像を公開しています。

福岡市美術館と福岡アジア美術館で観覧券の電子化・オンライン決済の実証実験スタート
購入の流れ

期間は、2020年11月20日(金)から2021年3月31日(水)までを予定。販売箇所は、マルチモーダルモビリティサービス「my route」内で、美術館のデジタル入場券は予約・利用の施設タブより購入可能です。

福岡市美術館と福岡アジア美術館で観覧券の電子化・オンライン決済の実証実験スタート
券種のイメージ

福岡市美術館デジタル入場券
コレクション展示室(古美術・近現代美術)
一般 200円・高大生 150円
福岡アジア美術館デジタル入場券
アジアギャラリー(常設展示)
一般 200円・高大生 150円

my route|App Store
my route|Google Play

福岡市美術館 公式サイト
福岡アジア美術館 公式サイト

九州旅客鉄道株式会社
西日本鉄道株式会社

この情報は2020年11月22日(日)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

488
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top