福岡のニュース

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定

三井不動産、九州電力、西日本鉄道の3社は、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について、2020年11月12日(木)に起工式を実施したと発表しました。開業は2022年春が予定されています。

同事業は、福岡市が実施した「青果市場跡地活用事業」の事業者公募における、三井不動産、九州電力、西日本鉄道の事業コンソーシアムによる提案を経て、3社共同で設立した特別目的会社(博多那珂6開発特定目的会社)が同跡地を取得し、事業を推進しています。

計画地は、幹線道路である筑紫通りに接し、福岡外環状線にも至近であり、優れた道路交通網を有しているほか、広域交通拠点である福岡空港、博多駅と近接しており、広域からのアクセスに優れた立地となっています。

また、JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩圏内にあるとともに、計画地内にバスターミナルが新設予定であるなど、公共交通機関での交通利便性も充実しています。

なお、同施設は、延べ床面積約206,400㎡の5階建てで、駐車場台数は約3,050台を予定。

施設の特徴

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定
西側外観イメージ
(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定
屋外広場イメージ

広場等の空間
コンセプトの異なる多彩で多機能な広場(パーク)を敷地全体に計画。フットサルコートやテニスコート、200mトラックを有するスポーツパーク等、多様な人々が集い出会う場を提供。
商業機能
ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設等、話題性の高い店舗をそろえ、ファミリー層はもちろんのこと、シニア・ヤング層まで幅広い世代が楽しめる、出会いと体験に満ちた新しい施設へ。
防災・環境対応施策
省エネ効果に優れた高効率機器の採用やエネルギー源の多重化等により、環境負荷低減を図るとともに、災害に強いエネルギーシステムを計画。また、施設内に帰宅困難者待機スペースや電気自動車充電ステーションが設置されるほか、共用部照明にLEDを採用する等の取り組みも行われます。
新たな生活様式に対応する施設計画
屋外の広場設置、建物の開口を広く設けることによる自然換気の促進、非接触型の決済システムの導入等、新たな生活様式に対応した施設計画を積極的に採用。

位置

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定
広域図
(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定
狭域図

建物の配置

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定
建物配置図

(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業、2022年春開業予定

関連記事:青果市場跡地(博多区那珂)活用事業 事業予定者を決定
関連記事:博多区那珂の青果市場跡地 再開発「キッザニア」九州初進出

三井不動産株式会社
九州電力株式会社
西日本鉄道株式会社

この情報は2020年11月13日(金)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

8651
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top