福岡のニュース

「天神・博多間 1日フリーきっぷ」LINEで地下鉄乗り放題実験

通信アプリ「LINE」を活用して福岡市中心部の地下鉄が1日、乗り放題となる乗車券を購入できるようにして、街の賑わいにつなげようという実証実験が4日から始まりました。

この取り組みは福岡市中心部の人の流れをさらに活発にして経済を活性化させようと、福岡市とLINEが行うものです。

対象となる地下鉄の区間は天神駅と博多駅の間で、各駅の券売機に設置されたQRコードをLINEで読み取ってデジタルきっぷを購入すると、この区間がその日の終電まで1日、乗り放題となります。

駅の改札でLINEの画面を駅員に見せて通過するという使い方で、駅周辺の飲食店や観光スポットなどの情報を受け取ることもできます。

利用料金は大人が500円、6歳以上12歳未満の子どもが250円で、今回はスマートフォンのみ利用できるようになっています。

実証実験は来年2月末まで行われ、利便性や経済効果を検証した上で、地下鉄七隈線が博多駅まで開通する2年後までに実用化を目指したいとしています。

福岡市交通局の大久保治郎営業課長「地域の魅力の再発見と地下鉄の需要の活性化につながることを期待しています」と話していました。

▶ NHKNEWSWEB

この情報は2020年11月5日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

2986
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top