福岡のニュース

「プラネタリウムオーロラ旅行」オーロラメッセンジャー中垣哲也さんと巡るオーロラの旅

2020年11月1日(日)北九州市立児童文化科学館(北九州市八幡東区桃園3丁目1-5)にて、プラネタリウムでオーロライベントが開催されます。

「プラネタリウムオーロラ旅行」~オーロラメッセンジャー中垣哲也さんと巡るオーロラの旅~、プラネタリウムドームいっぱいに映し出されるオーロラ映像を見ながらオーロラ旅行の気分を味わってみませんか?

時間は、(1)11時から12時(2)13時30分から14時30分(3)15時30分から16時30分。

オーロラの旅を案内してくださるのは、オーロラメッセンジャーの中垣哲也さん。中垣哲也さんご自身が撮影されたオーロラ映像をプラネタリウムドームいっぱいに映し出し、オーロラの魅力をお話しいただきます。

料金は、大人450円、 中高生300円、小学生220円 ※療育手帳もしくは精神障害者保健福祉手帳、身体障害者手帳などの交付を受けた方は無料になります。詳しくは、直接お問い合わせください。

中垣 哲也(なかがき・てつや)プロフィール
少年時代から身近な自然や星空、多様な音楽に没頭、感性を育み、高校生でNikomat ELを手にし、むさぼるように写真に夢中になる。放射線技師として大学病院に勤務しながら、趣味として道内などの星空を細々と撮り続けるが、2001年南天の満天星の撮影で訪れたニュージーランド南島で偶然遭遇した真っ赤なオーロラ(磁気嵐の最強オーロラ)に導かれその場でオーロラを追い求めることを決意。翌2002年に初めて極北に踏み入れ、いきなりオーロラ爆発に遭遇、人生の方向に新しい道が芽生える。以後、北米通いを始め、運命的な経験を重ねる。北米極北、北欧、ニュージーランドへの取材は90回以上を重ね、20年間の太陽活動の息吹と起伏、奇跡の地球を実感してきた。2007年 医療から転身、以後はオーロラメッセンジャーとして、日本全国を舞台に上映会やオーロラ展を開催。オーロラや極北の自然を通して『奇跡の地球』の伝道師として活動、少年時代から培ってきた感性を生かし、撮影はもちろん、映像やBGM制作まで、現地取材から全国各地での公演活動の全てを自身で手がける。

▶ 詳しくはこちら

この情報は2020年10月26日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

931
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top