福岡のニュース

福岡拠点のパティスリーイチリュウが「旨味茶ロールケーキ」の追加販売を決定

福岡拠点のパティスリーイチリュウが「旨味茶ロールケーキ」の追加販売を決定

創業100周年を迎え、福岡市を拠点に九州で13店舗展開をするパティスリーイチリュウでは、日本に39名しかいない「日本茶鑑定士」の一人である木屋康彦氏の特別ブレンドを使い開発をした「旨味茶ロールケーキ」について、1000本の追加販売を実施すると発表しました。

旨味茶ロールは期間限定プロダクトとして2020年8月1日(土)に発売。9月24日に放映されたテレビ朝日「無料屋」に取り上げられ、スイーツとして過去最多24,196名の応募を獲得。9月末に当初予定本数2000本は完売しましたが、テレビ放送の余波を受け急遽追加生産が決定しました。

福岡拠点のパティスリーイチリュウが「旨味茶ロールケーキ」の追加販売を決定

「旨味茶」とは、日本茶鑑定士の一人である木屋康彦氏が、洋菓子の特性と茶葉の味わいが「どう寄り添うことが出来るか」ということを想定し、ブレンドを行った福岡県八女市のお茶です。

特に口に含んだ時に感じる味と食した後に心地よく感じるお茶の余韻を表現することを重要視。通常のお茶と違って、量を使い、凝縮しても「渋み・苦み」を感じず、「旨み・甘み」が前面に出るよう最大限に調整されていることが特徴です。

木屋氏のブレンドにより、既存流通のお茶では不可能だった量が使用可能になり、お茶の濃厚さを際立たせることに成功。旨味茶の特性である、お茶の旨味と甘味のみを抽出し、ガナッシュ(ホワイトチョコレート)と合わせることで余韻の長い濃厚なクリームとなっています。

また、大分県別府市の放置竹林を再利用したミネラル分溢れる竹炭を生地に練りこむことで、色彩のコントラストを表現しています。

商品は、10月20日(火)より、同社の公式オンラインストアでのみ販売され、価格は2,700円(税込)です。

パティスリー イチリュウ 公式オンラインストア

この情報は2020年10月20日(火)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

1883
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top