福岡のニュース

大刀洗町にある国の重要文化財「今村天主堂」耐震化工事、クラファン開始

大刀洗町にある国の重要文化財「今村天主堂」耐震化工事、クラファン開始

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」では、寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ寄付を募る「さとふるクラウドファンディング」にて、福岡県大刀洗町にある国の重要文化財「今村天主堂」の耐震化工事にかかる費用を補うため、2020年10月16日(金)より、寄付の受付けを開始したと発表しました。

「さとふるクラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄付金の使途に応じた事業を立ち上げ寄付を募る、クラウドファンディング型ふるさと納税サイトです。

寄付者は「さとふるクラウドファンディング」上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択することができるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することもできます。

福岡県大刀洗町は隠れキリシタンの里として知られています。キリシタンの歴史を伝える「今村天主堂」は1913年に建設され、2015年に国の重要文化財に指定されました。

しかし、老朽化が進んでいることから耐震診断を受けたところ、修繕や地盤補強工事のため12億円以上が必要と判明しました。信徒約900名の力だけで「今村天主堂」を維持するのは難しく、支援が必要とされています。

そのため「さとふるクラウドファンディング」では2019年10月から寄付募集を行い、これまでに集まった746,000円の寄付金が耐震化工事に活用されています。今後も工事を継続して行う必要があるため、再び寄付の募集が開始されました。

受付期間は、2020年10月16日(金)から2021年3月31日(水)まで。目標寄付額は1,000,000円。※ 受付期間や募集金額は、変更の可能性があります。

大刀洗町からのメッセージ

大刀洗町の今区集落の中ほどにそびえ立つ今村天主堂。皆さまには一度、今村天主堂を訪れていただきたいと思っています。外観のどっしりとした佇まいに圧倒され、堂内の凛とした空気とステンドグラスから差し込む光の繊細な美しさに目を奪われることでしょう。教会建設に至るまでの歴史を知り、後世へつなげていきたいと願う我々の思いに共感いただければと思います。
ご支援をお願いいたしますとともに、これからも応援をしていただければ幸いです。

国の重要文化財「今村天主堂」100年の歴史を次の100年につなぐ|さとふるクラウドファンディング

この情報は2020年10月16日(金)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

4208
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top