福岡のニュース

気象庁「24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧の予報」を延長へ

気象庁「24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧の予報」を延長へ
「図・写真等の名称」(気象庁ホームページより)

気象庁では、台風接近時の防災行動計画(タイムライン)に沿った対応を効果的に支援するため、24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧の予報を、9月9日(水)より、これまでの”1日先まで”から”5日先まで”に延長すると発表しました。

現在、気象庁では、台風については5日先までの予報を提供していますが、24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧については、予報の誤差が大きかったため、1日先までの予報としていました。

このことについて、2018年6月に更新されたスーパーコンピュータシステムによる計算能力の向上や、数値予報技術の開発などが進められた結果、熱帯低気圧の段階からの進路や強度の予測精度が向上。

このため、2020年9月9日15時(日本時間)以降、24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧についても、5日先までの予報が提供可能となりました。

気象庁では、日本近海で台風になって日本へ接近する場合でも、台風接近時の防災行動計画(タイムライン)に沿った防災関係機関等の対応を、これまでより早い段階からより効果的に支援することが可能だと語っています。

気象庁 ホームページ

この情報は2020年9月8日(火)の内容です。最新の情報は公式サイトなどから確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top