福岡のニュース

セブンが「会計セルフレジ」9月以降順次導入へ

セブンが「会計セルフレジ」9月以降順次導入へ

セブン‐イレブン・ジャパンでは、レジ接客の時間を短縮する取り組みの一環として、会計操作の部分を買い物客が行う新しいレジの仕組み「お会計セルフレジ」を、9月以降順次、全国のセブン‐イレブン店舗に導入すると発表しました。

その後、2021年8月までに、全エリアへの導入を完了する見込みとのことです。※店舗によっては設置されない場合があります。

既存のPOSレジスターを活用しながら、現金 会計用の精算機やカード読み取り端末が設置されます。

セブンが「会計セルフレジ」9月以降順次導入へ

現金での会計は、買い物客側に設置される精算機を使用し、自身が行います。また、各種キャッシュレス決済にも対応しており、使用する決済方法を選択し、会計を行います。

セブン-イレブン・ジャパン

この情報は2020年8月4日(火)の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top