福岡のニュース

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両導入へ

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両へ

西鉄では、同社が運行する夜行高速バス 福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年を迎えるにあたり、2020年7月1日より、新型車両を2台導入すると発表しました。

同路線は、1990年10月12日に福岡と東京間を結ぶ日本最長の走行距離(天神~新宿駅西口間 約1,161.8km)を誇る夜行高速バスとして運行がスタート。現在は博多バスターミナル~バスタ新宿間(1,097.3km)にて運行しており、今年で30周年を迎えます。

運行開始以来、2009年の2階建て車両の導入、2014年の西鉄グループ初となる個室型シートの採用など、最新かつ快適なサービスの提供が行われてきました。

新型コロナウイルスの影響により、同路線は、4月11日から約3か月間運休していましたが、7月1日の運行再開に合わせて、新型車両を導入。今回の新型車両では、より快適な移動空間の実現、およびシステム導入による安全性向上が図られています。

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両へ

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両へ

新型車両の一番の特徴は快適な移動(座席)空間です。個室型のプレミアムシートでは、現在よりも大きなサイズ(背もたれ+19cm、座面+6cm)のものを採用することで、座り心地が格段に向上。

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両へ

また、新たにワイヤレス携帯充電器の設置や、テーブルのサイズを大きくすることで、これまで以上にプライベート空間を楽しむことができます。ビジネスシートについても、新たにダブルクッション付きのシートを採用。

そのほか、安全性向上のため、EDSS(ドライバー異常時対応システム)やタイヤの異常を検知する TPMS(タイヤプレッシャーマネジメントシステム)など最新の装置を導入。これらの装置は、通信型ドライブレコーダーと連動し、運行管理者がリアルタイムで運行の状況を確認することができるため、異常が発生した場合、迅速に対応することが可能となっています。

さらに、乗務員のマスク着用や車両の消毒を徹底するとしており、車内の換気は、外気導入モードを使用することで、概ね3分、完全には約5分で完了します。

西鉄、福岡・北九州~東京線「はかた号」が運行開始30周年、新型車両へ
※往復運賃の設定はありません

西鉄グループ 公式サイト

この情報は2020年6月27日(土)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

5603
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top