福岡のニュース

新型コロナ 北九州の119施が臨時休館に

北九州市で新型コロナウイルスの感染確認が相次いでいることを受けて、市内の美術館など新たに119の施設が5月31日から再び臨時休館しています。

北九州市で5月31日に感染が確認された12人のうち2人は感染経路が分かっておらず、この9日間で感染が確認された97人では、34人の感染経路が分かっていません。

こうした状況を受けて市は、5月28日から再び臨時休館とした小倉城など43施設に加えて、緊急事態宣言の解除後に順次、再開していた美術館や図書館など新たに119の市の屋内施設を、5月31日から6月18日まで臨時休館としました。

このうち、戸畑区にある「北九州市立美術館本館」は、5月19日におよそ1か月半ぶりに再開したばかりでしたが、わずか10日あまりで再び休館することになり、美術館の入り口には、休館を知らせる貼り紙が掲示されていました。

北九州市立美術館の宮本真彦普及係長は「非常に残念に思っている。次に再開したときに精一杯、おもてなしができるよう、準備に努めていきい」と話していました。

北九州市では今後の再開時期については市内の感染状況などを踏まえて検討するとしています。

▶ 公共施設の開館状況について
▶ NHKNEWSWEB

この情報は2020年6月1日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top