福岡のニュース

新型コロナ 北九州の小学校で”クラスター発生”

北九州市では5月31日、新たに12人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち4人は、5月28日に感染が確認された小学生と同じ学校に通う児童で、北九州市では、この小学校で感染者の集団、「クラスター」が発生したとしています。

北九州市によりますと、新たに感染が確認されたのは、小学生を含む10代から80代の男女、あわせて12人です。

このうち、いずれも10代の女子3人と男子1人のあわせて4人は、小倉南区にある守恒小学校の児童で、5月28日に感染が確認された女子児童と同じクラスだということです。4人の児童はいずれも症状はないということです。

守恒小学校では、5月25日から学校が再開され、感染が確認された5人の児童は登校していたということです。

北九州市では、この小学校で感染者の集団、「クラスター」が発生したとしています。

また、集団感染が確認されている小倉北区の北九州総合病院では、新たに医療スタッフ3人の感染が確認され、この病院で感染が確認された人は合わせて26人になりました。

北九州市で5月31日に感染が確認された12人のうち2人は感染経路が分かっておらず、この9日間で感染が確認された97人では、34人の感染経路が分かっていません。

このため、北九州市は、市民に対して、引き続き感染予防に努め、不要不急の外出を自粛するよう呼びかけています。

▶ NHKNEWSWEB

この情報は2020年6月1日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top