福岡のニュース

鮮やかな色彩と自在な線で描かれる生命力の輝き「みぞえ画廊福岡店」にて八頭司昂展『ポートレート』開催

2020年5月30日(土)から6月14日(日)まで、福岡市中央区地行浜の みぞえ画廊福岡店にて、画家・八頭司昂(やとうじ たかし)さんの個展『ポートレート』が開催されます。

個性あふれる八頭司さんの作品群の中でも、うねるような線と鮮烈な色彩を用いて描かれた人物画からは、その人物の心の奥底に秘められた感情や強い意思が感じられ、思わず画面に目が釘付けになります。

ぜひ会場にて、その生命力に満ち溢れた作品の魅力を体感してください!

みぞえ画廊代表・阿部和宣さん コメント
八頭司昂の魅力と言えば、その鮮やかな色彩と自在に画面を這いまわる線によって表現される斬新な作風である。人物・風景・植物・動物と言った身近なモチーフを分解し、線と色面で再構成された画面には、ポップアートの様な軽やかな描写と、近代絵画の様な重厚な筆致、抽象と具象が混在する。それを実現するための画材の研究にも余念がない。
2013年、22歳の時に英展大賞(田川市美術館)最年少受賞を機に注目を浴び、昨年には大川市立清力美術館でも個展を開催するなど、郷土が期待する新進気鋭のアーティストである。「ポートレート」と題した本展では、画廊内にアトリエを再現して5mに及ぶ大作のライブペインティングも行う。感染症で疲弊した社会に新鮮で英気に満ちた風を吹かせて欲しい。皆様のご来廊をお待ち申し上げます。

八頭司昂(やとうじ たかし)さん プロフィール
1990年 愛知県生まれ
2015年 佐賀大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修 修了
2012年 第62回佐賀県美術展覧会 佐賀県知事賞 受賞。
2013年 第22回英展~人物・風俗~ 大賞 受賞
第63回佐賀県美術展覧会 佐賀商工会議所連合会賞 受賞
第1回YWCA(山梨ワイン&アートオークション)入選
第22回MCAGP(三菱商事アート・ゲート・プログラム)入選
2013年度MCAGP(三菱商事アート・ゲート・プログラム)奨学生
2019年 大川市立清力美術館にて個展

八頭司昂展「ポートレート」

会期:2020年5月30日(土)~6月14日(日)
<作家在廊日>
5月30日(土)~31日(日)、6月6日(土)~7日(日)、13日(土)~14日(日)
※在廊中はライブペインティングを開催
会場:みぞえ画廊 福岡店(福岡市中央区地行浜1-2-5)
営業時間:10:00~18:00(会期中無休)
問い合わせ:TEL: 092-738-5655 E-mail:info@mizoe-gallery.com
公式HPサイト:https://mizoe-gallery.com/

八頭司昂さん ショートインタビュー

みぞえ画廊から来場者へのメッセージ
会期中のみぞえ画廊では新型コロナウィルス感染拡大防止のため、定期的に換気をして画廊内の通気性を良くしております。ご来廊のお客様には入店時に以下のお願いをしております。
1.マスク着用、手指消毒
2.ご芳名帳へ氏名・ご住所等の記帳
皆様に安心して展覧会をご覧いただけるように、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

【主な展示作品】「Big Panda」ミクストメディア F10号 53×45.5 cm 2020年
「noise」 ミクストメディア F10号 53×45.5 cm 2018年
「TB」 ミクストメディア F10号 53×45.5 cm 2020年
「ratvian laser」 ミクストメディア F10号 53×45.5 cm 2020年
「Hyacinth Interact」 ミクストメディア M8号 45.5×27.3 cm 2020年
「Hyacinth」ミクストメディア M8号 45.5×27.3 cm 2020年

この情報は2020年5月25日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1105
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top