福岡のニュース

老舗和菓子店 伊藤けえらん「ようかん 呼子のいか」販売中

『和菓子・けえらん』でお馴染み、老舗和菓子店 伊藤けえらん(唐津市)から、呼子のイカを模した「ようかん 呼子のいか」販売中です。

「ようかん 呼子のいか」の特徴は、とにかく「こだわりぬいた」という見た目。細部まで本物のイカそっくりの見た目・質感に仕上がっています。

甘夏のみを使用したピューレを餡に練りこみ、従来の素朴な羊羹とは一味違ったフルーティーな羊羹に仕上がっています。熟練の職人が全て手作りで丁寧に1つ1つ作り上げているというもの。

本物のイカに近い質感を出すだめ、表面は寒天を使用。1日50個限定。

「ようかん 呼子のいか」通信販売こちら

「和菓子 けえらん」は、太閤豊臣秀吉が朝鮮出兵で、浜崎は諏訪神社にて戦勝祈願をした際に地元民によって献上された戦勝祈願の菓子。

このときに秀吉が「これを食べたならば勝つまで帰らん」と語ったとされるエピソードが言い伝えられており、この「帰らん」という言葉が次第に訛り「けえらん」という菓子名になったとされています。

約400年間の永きに渡り変わらぬ手法で守り抜かれてきた純朴な和菓子で添加物を一切使っておりません。そのため、日持ちが1日しかもたないため浜崎でのみ食すことのできる幻の菓子と呼ばれましたが、瞬間冷凍という手法にて通信販売が可能となりました。

和菓子 けえらん通信販売こちら

この情報は2020年5月7日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top