福岡のニュース

速報ニュースアプリ NewsDigestが新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始

JX通信社では、同社が運営するNewsDigestアプリ内にて、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始したと発表しました。

速報ニュースアプリ NewsDigestが新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始

同社は、国内の大半の報道機関のほか、官公庁、インフラ企業等にSNS発の緊急情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供している、報道分野に特化したテックベンチャーです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、病院や大学、コールセンター、ライブハウスなど様々な施設での「クラスター(集団)感染」の発生が問題となっています。このため、多くの自治体や企業により、感染者の出入りのあった店舗や事業所等の情報が公表されています。

しかし、現状こうした施設の情報は全国の自治体や企業が個別判断のもとに公表しており、統一的な整理や発信が行われていません。

こうした状況では、自治体などの呼びかけも届かず、感染経路調査による新たな感染者の発見を困難にし、さらに近隣の企業や施設に対する根拠のない噂やデマ・フェイクニュースの拡散、風評被害の原因にもなっています。

一方で、海外では感染経路を追跡し、感染者と接触した可能性のある市民に通知を送るなどの機能を持つアプリを政府や研究機関などが提供し、感染経路の追跡に成果を挙げている事例もあります。

同社では、こうした状況を踏まえて、企業や自治体等により感染事例が報告されたピンポイントな場所の情報を地図上に集約・整理し、同社が運営する速報ニュースアプリNewsDigest(無料)内などで閲覧できる機能を開発・実装。

NewsDigestアプリ内では、画面上部の「新型肺炎」タブから「新型コロナウイルス感染状況マップ」をタップし、リンク先のページを下にスクロール、「感染事例が報告された場所の情報」のマップをピンチアウトして拡大することで、アプリ利用者の住まいの地域や、勤め先の周辺における、感染事例が報告された場所(施設)の情報をチェックすることが可能です。

また、同機能に関連してアプリ利用者の位置情報を使用することはなく、プライバシーに配慮した仕組みとしているため、安心して使用することができます。

なお、感染事例報告施設の情報は、自治体や企業から発表されている重要な情報であるため、公益の観点から集約・整理されていますが、無用な風評被害等を防ぐため、消毒済みなどの対応が明らかになっている場所についてはその旨も明記されています。

NewsDigestアプリ(無料)のダウンロードは以下からどうぞ。

NewsDigest|App Store
NewsDigest|Google play

この情報は2020年4月2日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top