福岡のニュース

JR九州が関門トンネルの技術や歴史などを紹介する「案内板」を門司駅に設置へ

JR九州が関門トンネルの技術や歴史などを紹介する「案内板」を門司駅に設置へ

JR九州では、関門トンネルの技術や歴史などを紹介する「案内板」を、門司駅に設置すると発表しました。

山陽本線門司・下関間の関門海峡の海底をくぐって九州と本州を結ぶ関門トンネルは、昨年、開業77周年を迎えました。これを記念し、また、関門トンネルの建設や保守、運転業務に携わった先人の功績を称えるため、トンネルの構造や技術、歴史、トンネルを通っていた懐かしの列車等を紹介する「案内板」が設置されます。

関門トンネルは、1942(昭和17)年11月15日に下り線が開業し、昨年で開業から77年の喜寿を迎え、現在も、九州と本州を結ぶ大動脈として機能しています。

開業当時は、世界でも殆ど例を見ない海底トンネルの嚆矢として建設され、「世紀の偉業」と称えられました。しかし、この関門トンネルに関して詳細を知ることができる掲示物は存在せず、今回設置されるのが初めてのものとなります。

公開は、2020年3月27日(金)14時から。78年前のこの日、関門トンネル下り線が貫通(トンネルの本坑が繋がった)しました。※公開は門司駅の営業時間中(4時30分~最終列車)です。

設置場所は、門司駅5・6番のりば(下関側)で、入場券を購入してホームへ入場します。なお、門司駅で有効な乗車券・定期券、入場券を持っている場合は自由にみることができます。

九州旅客鉄道株式会社

この情報は2020年3月24日(火)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top