福岡のニュース

【臨時休館延長に伴い開幕延期】北九州市漫画ミュージアムで北九州市門司出身の漫画家「関谷ひさし」の原画を紹介!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、北九州市漫画ミュージアムが当面の間、臨時休館になったことに伴い、当館開館日に開幕いたします。開催は2020年 開館次第~6月14日(日)まで。


2020年3月21日(土)~6月14日(日)午前11時~午後7時(入館は午後6時30分まで)、北九州市漫画ミュージアム 企画展示室(北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity5階)にて「関谷ひさしとスポーツマンガの時代~もうひとつの少年マンガ史~」が開催されます。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、北九州市漫画ミュージアムが3月20日(金・祝)まで臨時休館になったことに伴い、本展は3月21日(土)に開幕いたします。

北九州市門司出身の漫画家「関谷ひさし」の原画を紹介!昭和30年代、月刊少年マンガ誌の黄金期に活躍した北九州市ゆかりの少年マンガ家・関谷ひさし(1928~2008)の画業を振り返ります。

スポーツマンガの系譜の要となる時代に作品を発表し、読者の人気を博しました。戦後の北九州での新聞社勤めに始まり、晩年に至るまで絵を描き続けた関谷ひさしの魅力をミュージアムに所蔵する1万6000点余りの原画を中心に紹介いたします。

【入館料】一般1,000円(800円)、中高生500円(400円)、小学生200円(160円)、<常設展とのセット券>一般1,300円(1,040円)、中高生650円(520円)、小学生300円(240円)※( )は、北九州市漫画ミュージアム年間パスポート提示者、市内在住で65歳以上であることが確認できる方、30名以上の団体の1名あたりの料金。※療育手帳、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方(1名まで)は無料。

関谷ひさし プロフィール
1928年、福岡県北九州市門司に生まれる。門司商業学校(現・門司大翔館高等学校)に入学。終戦後、新九州新聞社に入社し、漫画やカットを多数手がけた。野球マンガ「ジャジャ馬くん」に続き「ストップ!にいちゃん」で読者の人気を得て1964年には第9回小学館漫画賞を受賞。2008年に逝去。晩年まで描き続けた「侍っ子」が没後に出版された。

▶ 北九州市漫画ミュージアム

この情報は2020年3月8日(日)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top