福岡のニュース

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

江崎グリコでは、コーヒー乳飲料「カフェオーレ」について、味わい・パッケージともに大幅にリニューアルした、新たな「カフェオーレ」(ORIGINAL、コーヒー濃いめ、たっぷりミルク)を、2020年3月16日(月)より全国にて販売開始すると発表しました。

「カフェオーレ」はコーヒーとミルクのやさしいハーモニーが特長のコーヒー乳飲料として、1979年の発売以来、41年間にわたり多くのファンに親しまれてきたロングセラー商品で、「白黒つけないカフェオーレ♪」というおなじみのフレーズで幅広い世代にも知られています。

そんな「カフェオーレ」が今回、“生乳の甘さが活きている”味わいへとパッケージも新たに、「白黒つけた」、覚悟の大幅リニューアルが実施されます。

砂糖を50%カットし、生乳のおいしさを引き出すことで、飲んだ瞬間のコクはそのままに、コーヒーの香りと生乳本来のおいしさを感じるスッキリとした後口を実現。世代を問わず楽しめるフレーバーとして展開されます。

また、今回のリニューアルに合わせ、おなじみのストライプから、素材のおいしさが伝わるような、シンプルでスタイリッシュなデザインへとパッケージも全面刷新となります。

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

カフェオーレ ORIGINAL
砂糖をカットし生乳のおいしさを引き出した、新カフェオーレ。コーヒーの香りはそのままに、生乳のスッキリとした後口を実現。
価格は105円(税別)。

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

カフェオーレ コーヒー濃いめ
砂糖をカットし生乳のおいしさを引き出した乳に、コーヒーを2倍量。香り高いアラビカ種コーヒー豆の味わいを一層楽しめる味わいが特徴です。
価格は105円(税別)。

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

カフェオーレ たっぷりミルク
砂糖をカットしながら、ミルクのコク2倍を実現。生乳本来のおいしさと満足感を楽しめる味わいの一品です。
価格は105円(税別)。

■ これまでのカフェオーレの変遷

江崎グリコのロングセラー「カフェオーレ」が大幅リニューアルへ

フランスで愛されていた「カフェ・オ・レ」からヒントを得て開発された「カフェオーレ」は1979年の発売当初、「紙でできた缶のような形状= Paper Can」から通称「P(ピー)キャン」と呼ばれる新しい容器が採用されました。

パッケージの特徴的なロゴ、コーヒーとミルクが混ざり合う様子を表現したおなじみのストライプは発売当初から使われています。

また、その後の約40年間で、コーヒー豆の見直しや増量など度重なる商品の改良やパッケージの変更が実施されてきましたが、「白黒つけないカフェオーレ♪」というフレーズが象徴するように、はっきりとした変化はありませんでした。

そんな「カフェオーレ」が、今回は味とともにパッケージも大幅にリニューアルして店頭に並びます。

江崎グリコ株式会社

この情報は2020年3月4日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top