福岡のニュース

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表

新型コロナウイルスの感染拡大と予防について、スターバックス コーヒー ジャパンでは、来店客の安全を第一に考え、そして全国の店舗、オフィスで働く約4万人のパートナー(従業員)が安心して働けるよう、国内で発生が確認された早期より、パートナーのマスク着用や来店客への消毒用アルコール設置、コーヒーセミナーの中止などの対策の強化を実施。

今後も日々変わっていく状況を鑑みて対応を進めるとしていますが、2020年3月2日(月)時点において、全店舗で実施が決定している衛生管理や店舗オペレーションを以下の通り発表しました。

■ サービスに関して

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表・ 持参したタンブラーでのドリンク提供を一時休止
・ マグカップ、ステンレスフォーク/ナイフの使用を一時休止し、紙カップ、プラスチックフォーク/ナイフに順次変更
・ 直接渡される商品の提供、金銭授受の方法を変更
・ ドリンクやフードのサンプリング中止
・ 店内設置されているミルク、はちみつ、パウダー類の一時引き下げ
・ コーヒーセミナーや地域活動・イベントの中止

■ 衛生面に関して

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表

スタバが新型コロナウイルス感染拡大と予防に関する店舗オペレーション変更について発表

・ マスクの着用
・ 出勤前の検温
・ より頻度の高い手洗いの励行
・ テーブル、ドアノブなど接触が多い箇所について、頻度の高い消毒と衛生管理の徹底
・ 来店客の消毒用アルコールの設置

スターバックス コーヒー ジャパン

この情報は2020年3月2日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top