福岡のニュース

JR下曽根駅での列車・バス乗り継ぎ利便の向上について

JR下曽根駅での列車・バス乗り継ぎ利便の向上について

JR九州と西鉄、および西鉄バス北九州では、2020年3月14日(土)のダイヤ改正にあわせ、JR下曽根駅(北九州市小倉南区)において、列車・バスの乗り継ぎ利便向上に取り組むと発表しました。

JR九州と西鉄は、利便性の高い輸送サービスの実現を目指し、2019年秋より連携して実施可能な取り組みを検討しており、今回、利便性の高い公共交通ネットワークの構築に向けた取り組みの第1弾として、同取り組みを実施。

今回の取り組みでは、JR下曽根駅周辺から小倉地区への公共交通の利便性向上を図るもので、同駅までのバスアクセス向上や列車・バス相互の情報案内の強化、待ち合い環境の充実等を通じて、ストレスなくスムーズに乗り継げる環境が整備されます。

バスアクセス向上策として、沼、吉田エリアから同駅まで新たに直通で行ける系統が新設されるほか、弥生が丘エリアからのバスを増便。

JR下曽根駅での列車・バス乗り継ぎ利便の向上について

併せて、下曽根駅に結節する全てのバスにおいて、極力列車の時刻に合わせたダイヤ調整を行うことにより、列車に接続する便が大幅に増加します。特に利用の多い16時~18時台の列車には、ほぼ全てのバスが接続しており、帰宅時間帯の利便性が向上します。

また、相互の情報案内の強化については、バスから列車に乗り継ぐ人に対して、バス車内の運賃表示モニター上で列車時刻の案内を実施。

JR下曽根駅での列車・バス乗り継ぎ利便の向上について

列車からバスを利用する人向けには、同駅の構内において、最寄りバス停の時刻表とバス接近情報を表示する案内モニターを設置するともに、バス停の案内サインが新たに設けられます。

JR下曽根駅での列車・バス乗り継ぎ利便の向上について

さらに、待ち合い環境の充実を図るために、駅構内にバス待ち合い用のベンチを増設。

なお、現在、北九州市が下曽根駅北口駅前広場の整備を実施しており、整備完了後には、北口周辺に点在しているバス停を出来るだけ駅前広場付近に集約していくことで検討。これにより更に利便性の向上につなげてゆく方針です。

このほか、2020年3月14日(土)から6月30日(火)までの期間限定で、同駅でIC カード「SUGOCA」または「nimoca」の電子マネーを使いバスと、列車を同一日に乗り継いだ人を対象に、1回の乗り継ぎごとに20 ポイント(JR キューポ、nimoca ポイント)を付与するサービスが展開されます。

JR九州および西鉄では、今回の下曽根駅での連携をモデルケースとして、利用状況をみながら改善を図るとともに、その他の駅での連携についても今後検討・展開してゆくとのことです。

九州旅客鉄道株式会社
西日本鉄道株式会社

この情報は2020年2月24日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

3520
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top