福岡のニュース

福岡管区気象台が「暴風雪警報」発表(2月17日8:05)

2020年2月17日8時5分、福岡管区気象台が「暴風雪警報」を発表。「福岡、北九州地方の海上では、17日昼過ぎから17日夜のはじめ頃まで暴風雪に警戒してください。」

<暴風雪警報>
福岡市、北九州市、宗像市、古賀市、福津市、糸島市、新宮町、芦屋町、岡垣町

この冬一番の強い寒気の影響で、九州では17日から18日にかけて広い範囲で大雪となるおそれがあり、気象台は、交通への影響や農作物の管理などに注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと、17日から18日にかけて冬型の気圧配置が強まり、九州では上空1500メートル付近にマイナス9度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、九州では、17日昼前から18日午前中にかけて、山沿い・平野部ともに大雪となるおそれがあります。

17日夕方までの24時間に降る雪の量は、山沿いの多いところで熊本で10センチ、福岡、佐賀、長崎、大分で5センチ、宮崎で3センチから5センチ、奄美地方を除く鹿児島で3センチ。

平野部の多いところで、福岡、佐賀、長崎、熊本で3センチ、奄美地方を除く鹿児島で1センチと予想されています。

▶ 福岡管区気象台
▶ NHKオンライン

この情報は2020年2月17日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

3429
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top