福岡のニュース

『冒険の森』室内設置型第1号施設がトリアスに誕生

『冒険の森』室内設置型第1号施設がトリアスに誕生

森を使ったアウトドア施設の運営をしている冒険の森では、久山町のトリアス内に、アドベンチャーパーク『Adventure Park BOUKEN トリアス店』を設置し、2020年2月29日(土)10時より営業を開始すると発表しました。

同施設は、木造軸組工法により建築し、1階部分は未就学児などが遊びを通じて「木育」になる空間として展開。柱を延長した2階部分では、柱を立木と見立て、人気のジップラインなど、地上4mのアドベンチャー体験ができます。

従来、森で提供していたドキドキとワクワク、健康と学びを、どんな天候でも楽しめ、買い物と合わせて気軽に楽しめる室内に実現したのも特徴です。

利用料金は、モリノアソビバ(1階部分)600円/終日。再入場可。※休日などで込み合っている場合は1時間でのいれかえが行われる場合があります。

『冒険の森』室内設置型第1号施設がトリアスに誕生
画像はイメージです

マチモリアドベンチャー(2階部分)500円/1周。※専用ハーネス、ヘルメット貸代、保険料込。

『冒険の森』室内設置型第1号施設がトリアスに誕生
画像はイメージです

2階部分のみの利用は不可で、1階部分と2階部分は合わせての利用となります。

また、利用条件として、5歳、身長110cm以上、必ず保護者同伴が必要で、保護者は一緒に体験するか、見える範囲での見守りが必要です。

▶ 冒険の森 公式サイト
▶ トリアス 公式サイト

この情報は2020年2月14日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

6721
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top