福岡のニュース

福岡で武雄の焼き物の魅力を発信!合同窯元市「タケオバ」開催へ

福岡で武雄の焼き物の魅力を発信!合同窯元市「タケオバ」開催へ

一般社団法人 佐賀県観光連盟では、2020年2月12日(水)から16日(日)までの期間、天神地下街1番街イベントコーナーにて、武雄の焼き物の魅力を発信するイベントとして”合同窯元市「タケオバ」”を開催すると発表しました。

開催時間は11時~19時(最終日のみ17時まで)。

「タケオバ」とは

武雄ノ魅力ヲ語ラウ「バ」、武雄ノ情報ヲ発信スル「バ」、タケオモノを買ッテ楽シム「バ」の3つの「バ」をテーマとした武雄の魅力がギュッと詰まったイベントです。

焼き物の一大産地である佐賀県武雄市には、現在約90の窯元が点在しています。

地理的・歴史的に「有田」と「唐津」がクロスしたエリアに当たる武雄の焼き物は、多様性にあふれ、枠にとらわれない自由で創造的な作風が魅力となっています。

今回で3回目の開催となる「タケオバ」では、山内町の窯元を中心に市内在住の9つの窯元が出展し、窯元自ら武雄の焼き物の魅力や作陶に対する思いを語らいます。

また、会場では、「何が出るかお楽しみ!9窯元どこかの作品が出てくる焼き物小物ガチャガチャ」が実施される予定です。

天神の街中で武雄の焼き物の魅力に触れ合えるという、魅力的な催しとして展開されます。

参加窯元

※以下敬称略
一峰窯(江上拓也)
亀翁窯(古賀末廣)
くろかみ窯(小野元紹)
光峰窯(山田義男)
そうた窯(諸隈直哉)
東馬窯(馬場宏彰)
中島陶芸(中島和雄)
葉月窯(田島葉子)
綿島康浩陶工房(綿島康浩)

▶ 合同窯元市「タケオバ」|武雄市観光協会

この情報は2020年2月6日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top