福岡のニュース

大野城まどかぴあで「デジタルアートによる新たな歌舞伎体験」開幕

大野城まどかぴあで「デジタルアートによる新たな歌舞伎体験」開幕

最新テクノロジーを用いた体験型展示「カブキノヒカリ展 exhibition: the lighting art of KABUKI 」が、2020年1月29日(水)、大野城市の大野城まどかぴあ(地図はこちら)にて開幕しました。

会場は1階の多目的ホール。

「カブキノヒカリ展」は、歌舞伎演目を基に創られた、史上初のメディアアートによる歌舞伎展です。

歌舞伎演目の中でも人気の高い『義経千本桜』のストーリーをテーマに、「歌舞伎」「お花見」「音」の3つの軸でインタラクティブな体験型展示イベントとして展開されます。

『義経千本桜』は、『菅原伝授手習鑑』『仮名手本忠臣蔵』と並ぶ歌舞伎三大名作の一つで、初演より多くの俳優によって演出が練り上げられ、今日まで人気作品として上演を重ねています。

■ 古典芸能×テクノロジーが魅せる、新たなエンタテインメントの世界へ

同展では、 “ホログラム”に触れると現れる不思議な狐や、歩くたびに舞う桜の花びらなどの演出が施された、最新テクノロジーを用いた体験型展示イベントです。

大野城まどかぴあで「デジタルアートによる新たな歌舞伎体験」開幕

歌舞伎の人気演目『義経千本桜』のうち、『鳥居前』『道行初音旅』『川連法眼館』の三幕をイメージしたメディアアートが、歌舞伎を構成する「音楽」「踊り」「芝居」と融合して、美しく奥深い光の空間へと誘います。

大野城まどかぴあで「デジタルアートによる新たな歌舞伎体験」開幕

大野城まどかぴあで「デジタルアートによる新たな歌舞伎体験」開幕

※同展におけるホログラムとはホログラフィーを使い、CGによって再現された鼓や太鼓などがまるで浮かび上がっているように見える仕組みです。

日程は、2020年1月29日(水)から2月4日(火)まで。各日10時~17時で、金・土のみ19時まで。

入場は無料で、会場内は写真・動画の撮影が可能です。

同展の詳細、ならびに最新の内容については、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

カブキノヒカリ展 exhibition:the lighting art of KABUKI

この情報は2020年1月29日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

3212
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top