福岡のニュース

ブランド総合研究所「地域の持続性調査」1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市

提供:福岡市

ブランド総合研究所は、全国の政令指定都市、中核市、県庁所在市の83市を対象とした、”市民目線による悩みや社会の課題、幸福度や定住意欲度などに関する地域の持続性”を明らかにする「市版SDGs調査2020」を実施、結果を発表しました。

世界中で取り組みが進むSDGs。日本全国でも取り組みが始まっていますが、そもそも地球全体の視点で作られたものであり、日本各地での状況を踏まえた「住民の視点」になっているとは言えません。

少子高齢化や地域の疲弊が大きな課題となっている日本の各地域では、その実態を加味した住民視点での地域版「持続的な開発目標」も必要なのではないでしょうか。

「市版SDGs調査」は、市民が感じている「悩み」「社会の課題」の全100項目と、幸福度や定住意欲度、満足度など計106項目からなる調査として設計。

同調査では市民の生活についての評価指標である「幸福度」および生活の「満足度」、社会や居住市に対しての持続性につながる指標である「愛着度」と「定住意欲度」の計4つの指標の平均点を総合指標である「SDGs指数」を算出しています。

その結果、83市のうち最もSDGs指数が高かったのは、川越市(埼玉県)という結果になっています。同市は幸福度も全国1位で、満足度は4位、愛着度10位、定住意欲度13位と4つの指標の評価がいずれも高くなっています。

ブランド総合研究所「地域の持続性調査」1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市

2位は金沢市(石川県)で、同市も4指標ともに10位以内と高い評価となっています。3位は西宮市、4位に明石市と兵庫県の市が続きましたが、同県では神戸市も8位にランクインしています。

5位には福岡市、豊橋市、札幌市が並びましたが、福岡市は愛着度と定住意欲度で全国1位、豊橋市は満足度で1位となっています。

愛着・定住意欲は福岡市が1位

ブランド総合研究所「地域の持続性調査」1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市

愛着度が最も高かったのは福岡市で、半数の50.0%が「とても愛着がある」と答えるなど、83.5%が愛着があるという結果となっています。

僅差で札幌市と金沢市、そして神戸市、京都市と続いています。いずれも人口が多く、観光面でも人気の高い市となっています。

定住意欲度でも1位は福岡市。53.2%が「ぜひ住み続けたい」と回答するなど、83.0%に定住意欲があるという結果になっています。

2位以下では神戸市、札幌市、金沢市と愛着度の上位の市が占めており、その中で高槻市が5位、明石市が6位、西宮市が7位と近畿の中核市が並んでいます。

一方で「移住したい」と答えたのは83市平均で12.8%で、20代では16.6%、30代では13.0%でした。

ブランド総合研究所の「市版SDGs調査2020」に関する詳細は、以下の公式サイトから確認できます。

市版SDGs調査2020|株式会社ブランド総合研究所

この情報は2020年1月21日(火)時点の内容です。

2304
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top