福岡のニュース

福岡空港国内線で3月29日からの搭乗分より「旅客取扱施設利用料」導入

福岡空港

福岡国際空港社では、福岡空港国内線において、2020年3月29日(日)からの搭乗分より、旅客取扱施設利用料(PSFC)を導入します。

PSFCは”Passenger Service Facility Charge”の略で、空港の整備に充てられる費用です。旅客施設使用料を設定している空港管理会社に代わって、そこを発着する航空会社が徴収します。

今回導入が決定した福岡空港国内線は、国土交通大臣より認可を受けており、徴収された費用は、出発または到着する利用者が使用する搭乗待合室、コンコース等の施設を整備するための費用等に充当されます。

この旅客取扱施設利用料(PSFC)は、多くの国が設定しているもので、国内でも新千歳空港、東京国際空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、北九州空港など複数の空港が設定しています。

福岡空港でも国際線の利用者については対象となっており、今回、国内線での導入が決定しました。

福岡空港 国内線 旅客取扱施設利用料は、大人(満12歳以上)110円/小人(満3歳以上12歳未満)50円。※いずれも税込み

航空券を購入する際に、航空運賃と併せて支払います。

なお、3歳未満であっても小人用航空券を使用する場合は小人料金が適用されます。

福岡空港 ホームページ

この情報は2020年1月16日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

7031
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top