福岡のニュース

門司港レトロ「第12回豊前海一粒かき」のかき焼き祭り

2020年2月8日(土)~2月9日(日)10:00~16:00、門司港レトロ中央広場で、「第12回 豊前海一粒かき」のかき焼き祭りが開催されます。北九州市の冬の恒例イベントです。

200台の焼き台を設置し、広場一帯がまるで広大なカキ小屋に早がわり!市内食材を使った料理・加工品なども販売され、牡蠣をはじめ、さまざまな北九州の旬のおいしさを堪能できます。

「豊前海一粒かき」は、豊前海で養殖され、殻付きのまま販売されることから「一粒かき」の名称がつけられた福岡のブランド牡蠣です。

栄養分の多い、植物性プランクトンが豊富な海で育った牡蠣は、成長が早く、約8ヶ月で出荷されます。通常のものと比べて粒が大きいのが特徴。

料金:豊前海一粒かき 1,000円/袋 (約1キログラム入)
炭・ナイフ・軍手セット 300円
その他、地元産食材を使った各種料理の販売 (20店舗程度)
焼き台 200台(1台当たり4名利用可能)

▶ 北九州市ホームページ

この情報は2020年2月8日(土)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top