福岡のニュース

日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン200年の肖像」久留米市美術館で開催

2020年2月1日(土)~3月22日(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)、久留米市美術館 本館2階(久留米市野中町1015)にて、日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン200年の肖像」が開催されます。

‘ピアノの詩人’と呼ばれるポーランド出身の作曲家、フリデリク・ショパン(1810?1849)。その優美繊細なメロディの数々は、私たちに馴染み深いものです。

一方で、彼の生きた時代や、その人物像は一体どのようなものだったのでしょうか。今回の展覧会では、遺された自筆譜をはじめとする数々の資料から、混迷する19世紀前半のワルシャワやパリで生き、愛し、音楽の可能性を追求したショパンの実像に迫ります。

生前から現在までのショパンの肖像、彼が暮らした都市、周辺の人々、日本でのショパン受容、その名を冠したピアノコンクールなど展示資料の総数は約250点。特に、「エチュード」(作品10?8)などポーランド国外に出ること自体が珍しい楽譜や手紙は必見です。

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念する展覧会として、日本初公開品を含む貴重な資料や絵画、ポスター、書籍といった多彩な展示から、年月を経てさらに輝きを増すショパンの魅力をお楽しみください。

入館料は、一般 1,000円(団体800円)、シニア 700円(団体500円)、大学生 500円(団体300円)、高校生以下 無料 無料、前売り(Pコード769-564/Lコード86696)600円。

▶ 久留米市美術館

この情報は2020年1月3日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top