福岡のニュース

大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<全国版>」結果発表

大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<全国版>」結果発表

大東建託社では、全国1,896自治体居住の184,193名を対象に、居住満足度調査としては過去にない大規模な本格調査を実施し、過去最大級の街ランキング「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<全国版>」として集計、結果を発表しました。

それによると、総合トップに「福岡市中央区」、そして6位に「糟屋郡新宮町」がランクインしました。

大東建託「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<全国版>」結果発表

■ 住みここち(自治体)上位は、交通利便性や生活利便性が高い街、またはベッドタウン

総合トップ5は、都心部へのアクセスが良く、生活に関わる商業施設、セレクトショップなどが多い街がランクインしています。
また、偏差値が70を超える自治体は他の自治体と比べて、親しみやすさやイメージなどの評価が総じて高い結果となっています。

■ 住みここち(自治体)上位に、郡部から福岡県糟屋郡新宮町が6位にランクイン

総合トップ5は、すべて都心部ですが、福岡市のベッドタウンとして発展している福岡県糟屋郡新宮町が6位にランクインしています。
次いで名古屋市のベッドタウンとして発展している愛知県長久手市など、全国的に大都市近郊の開発されている街の評価が高い傾向にあります。

■ 住みここち(因子別)は、親しみやすさ、交通利便性、生活利便性が高評価な自治体が上位にランクイン

総合トップ11の親しみやすさや交通利便性、生活利便性は、すべて60以上の高偏差値になっています。
また、自然・観光が上位の自治体は、海岸沿いの地域が多くなっている他、伊勢神宮で有名な三重県伊勢市や、世界遺産の熊野古道がある和歌山県田辺市など、有名な神社や文化財などの観光地で有名な街が比較的上位にランクインしています。

■ 住みここち(属性別)男女トップはいずれも郡部

属性別の結果から、総合12位の奈良県北葛城郡王寺町が男性トップ、総合6位の福岡県糟屋郡新宮町が女性トップにランクイン。
また、男性と40歳代のランキングでは、総合TOP200圏外の沖縄県島尻郡南風原町、京都府相楽郡精華町がランクインしています。

なお、同調査は、各地方で行われた2019年度調査の総まとめとなります。
来年度以降も地域を拡大しつつ調査が行われ、回答を累積して集計する予定とのことです。
それにより、今回、回答者数が30名に満たなかったためランキングの対象外となった自治体も、今後はランクインしてくることが予想されます。

同調査の詳細については、以下の大東建託「賃貸未来研究所」公式サイトから確認できます。

大東建託「賃貸未来研究所」公式サイト

この情報は2019年12月18日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

5819
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top